お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-12-11 14:00
商品キャラクタの認知度による脳波の違い
橋本陽平南 哲人豊橋技科大)・長谷川良平産総研)・中内茂樹豊橋技科大NC2009-66
抄録 (和) 近年,商品・広告などに対する消費者の無意識の反応を脳活動から分析しようとするニューロマーケティングが注目されている.本研究では,商品キャラクタを被験者に提示したときの脳波を測定し,キャラクタの認知状態(知っている/知らない)による脳波の違いを求めた.事象関連電位のP2 成分では,「知っている」より「知らない」キャラクタで高いP2 振幅が得られた.ガンマ帯の活動(iGBR)からは,刺激の反復提示により「知っている」ではiGBR が抑制,「知らない」キャラクタではiGBR が増幅される傾向が示された.キャラクタの認知状態によって
質的に異なるネットワークで処理されると考えられる. 
(英) Recently, neuromarketing has attracted attention, in which the customer’s unconsciousness response to commodity and advertisement is analyzed from brain activity. In this study, electroencephalogram(EEG) was recorded while the subjects were presented with commodity characters and evaluated their familiarity. And we analyzed the difference of the EEGs by the subjects’ responses (KNOWN or UNKNONN) of the characters. In
the analysis of event-related potential (ERP) component P2, we found higher P2 amplitude for KNOWN than UNKNOWN. In addition, we observed the increase of induced gamma band responses (iGBR) elicited by repeated
KNOWN stimuli and the decrease of iGBR elicited by repeated UNKNOWN stimuli. We thought that our results reflected qualitatively different networks were activated according to cognitive states to the characters.
キーワード (和) 脳波 / 認知度 / ニューロマーケティング / ガンマ帯応答 / P2 / / /  
(英) EEG / Neuromarketing / iGBR / P2 / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 333, NC2009-66, pp. 19-24, 2009年12月.
資料番号 NC2009-66 
発行日 2009-12-04 (NC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NC2009-66

研究会情報
研究会 NC MBE  
開催期間 2009-12-11 - 2009-12-11 
開催地(和) 豊橋技術科学大学 
開催地(英)  
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NC 
会議コード 2009-12-NC-MBE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 商品キャラクタの認知度による脳波の違い 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Brain Responses to commodity characters: an EEG study 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 脳波 / EEG  
キーワード(2)(和/英) 認知度 / Neuromarketing  
キーワード(3)(和/英) ニューロマーケティング / iGBR  
キーワード(4)(和/英) ガンマ帯応答 / P2  
キーワード(5)(和/英) P2 /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 橋本 陽平 / Yohei Hashimoto / ハシモト ヨウヘイ
第1著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: Toyohashi Univ. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 南 哲人 / Tetsuto Minami / ミナミ テツト
第2著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: Toyohashi Univ. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 良平 / Ryohei P. Hasegawa / ハセガワ リョウヘイ
第3著者 所属(和/英) 産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 中内 茂樹 / Shigeki Nakauchi / ナカウチ シゲキ
第4著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: Toyohashi Univ. of Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-12-11 14:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NC 
資料番号 IEICE-NC2009-66 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.333 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NC-2009-12-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会