電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-12-11 15:30
協調学習支援・緊急時対応を可能とする分散型情報サーバの設計
今井慈郎堀 幸雄香川大)・森藤義雄香川短大)・林 敏浩井面仁志白木 渡香川大ET2009-75
抄録 (和) 分散型Web-DB連携情報サーバ群を構築し,協調学習支援のための教育用ネットワーク環境と緊急時連絡のための携帯電話用画像・音声対応通信環境を提供することを検討・設計している.従来,両者は目的が異なるなどの理由で別々のフェーズで設計されている場合,異なる環境として実装されている場合なども少なくない.しかし,効率的にも,利便性重視の観点からも,両対応のシステム設計がむしろ重要であるとの方針で設計を行っている.具体的には,クライアントとしてPC及び携帯電話を想定し,マルチメディア情報(画像や音声)に対応した情報通信環境を提供し,分散環境の複数ユーザ間での協調学習,情報非同期共有,緊急時情報取得・発信などを支援できる構成を検討する.構築するシステムでは,平常時と共に緊急時にも利活用可能な分散環境下での協調学習環境の提供を目指す.報告においても,平常時での情報共有機能に基づく協調学習の事例と,緊急時の連絡体制・情報交換の仕組みを具体的に示すことで,今後の利活用の指針やサンプル動作などを提案する. 
(英) We are designing a distributed multiple server system with Web-DB based services, which will be able to play a role of both providing an environment for cooperative study and supporting emergency communication. In many instances, almost other system used to be designed as so-called dedicated system only in order to provide an environment for cooperative study, otherwise to support emergency communication. In other words, these two needs (= two different functions) frequently seem to be mutually exclusive events so that they may be realized sometimes independently with absolutely different methodologies.
In our case, however, two different aims are to be accomplished by one identical system. Not only such a case is low cost and efficient, but also it feels at home and is easy to be used even though in any (= extraordinary or emergent) condition. It will be designed to work together with its pre-registered clients such as mobile personal computers, smart phones (PDAs/enhanced cellular phones) and so on. It will also perform HTTP-based multimedia information communication among above clients and compute multimedia information processing such as database service, simple image recognition, user management and emergency contact.
キーワード (和) 分散型Web-DB連携情報サーバ / 協調学習支援 / 緊急連絡のための環境 / マルチメディア情報通信 / / / /  
(英) Web-DB based multi-server system / cooperative study and emergency communication / multimedia information communication and multimedia information processing / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 335, ET2009-75, pp. 137-142, 2009年12月.
資料番号 ET2009-75 
発行日 2009-12-04 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ET2009-75

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2009-12-11 - 2009-12-11 
開催地(和) 琉球大 
開催地(英) Univ. of the Ryukyus 
テーマ(和) 学習データの蓄積・分析・共有/一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2009-12-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 協調学習支援・緊急時対応を可能とする分散型情報サーバの設計 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Design of Distributed Multiple Server System with Web-DB based Services for Cooperative Study as well as Emergency Communication 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 分散型Web-DB連携情報サーバ / Web-DB based multi-server system  
キーワード(2)(和/英) 協調学習支援 / cooperative study and emergency communication  
キーワード(3)(和/英) 緊急連絡のための環境 / multimedia information communication and multimedia information processing  
キーワード(4)(和/英) マルチメディア情報通信 /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 今井 慈郎 / Yoshiro Imai / イマイ ヨシロウ
第1著者 所属(和/英) 香川大学 (略称: 香川大)
Kagawa University (略称: Kagawa Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀 幸雄 / Yukio Hori / ホリ ユキオ
第2著者 所属(和/英) 香川大学 (略称: 香川大)
Kagawa University (略称: Kagawa Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 森藤 義雄 / Yoshio Moritoh / モリトウ ヨシオ
第3著者 所属(和/英) 香川短期大学 (略称: 香川短大)
Kagawa Junior College (略称: Kagawa Junior Coll)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 林 敏浩 / Toshihiro Hayashi / ハヤシ トシヒロ
第4著者 所属(和/英) 香川大学 (略称: 香川大)
Kagawa University (略称: Kagawa Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 井面 仁志 / Hitoshi Inomo / イノモ ヒトシ
第5著者 所属(和/英) 香川大学 (略称: 香川大)
Kagawa University (略称: Kagawa Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 白木 渡 / Wataru Shiraki / シラキ ワタル
第6著者 所属(和/英) 香川大学 (略称: 香川大)
Kagawa University (略称: Kagawa Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-12-11 15:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ET 
資料番号 IEICE-ET2009-75 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.335 
ページ範囲 pp.137-142 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ET-2009-12-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会