お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-12-11 13:45
放射特性の異なる単一音源の音像定位知覚に関する一検討
金田 萌穗刈治英島田正治長岡技科大EA2009-94
抄録 (和) 近年,スピーカアレイによる波面合成法の研究が盛んに行われている.異なる受聴位置においては放射特性が音像定位方向に影響を与えると予想される.本報告では,密閉型スピーカと呼吸球式スピーカの放射特性に注目し,帯域毎の放射特性,異なる方向での両耳間時間差(IaTD),レベル差(IaLD)を求め,帯域幅に関する音像定位方向の対比較試験を行った.その結果,スピーカの放射特性によるIaLDが音像定位方向知覚に影響を与えることを明らかにした. 
(英) In recent years, wave field synthesis using loudspeaker arrays has been studied by many researchers. The radiation property is expected to determine horizontal sound localization. This paper focus on the radiation properties of sealed loudspeakers and spherical sound sources. We measure the radiation properties, Interaural Time Difference (IaTD), and Interaural Level Difference (IaLD) at different bandwidths and with different source directions. In addition, we perform paired comparison tests at different bandwidths. The results clarify that IaLD, created by the radiation properties, determines horizontal sound localization.
キーワード (和) 放射特性 / 呼吸球 / 信号帯域 / 音像定位 / 両耳間時間差 / 両耳間レベル差 / /  
(英) radiation property / pulsating sphere / frequency bandwidth / sound localization / Interaural Time Difference / Interaural Level Difference / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 329, EA2009-94, pp. 7-12, 2009年12月.
資料番号 EA2009-94 
発行日 2009-12-04 (EA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2009-94

研究会情報
研究会 EA  
開催期間 2009-12-11 - 2009-12-11 
開催地(和) NICT 
開催地(英)  
テーマ(和) 立体音響、一般(応用/電気音響) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2009-12-EA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 放射特性の異なる単一音源の音像定位知覚に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study on sound localization from sound sources with different radiation properties 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 放射特性 / radiation property  
キーワード(2)(和/英) 呼吸球 / pulsating sphere  
キーワード(3)(和/英) 信号帯域 / frequency bandwidth  
キーワード(4)(和/英) 音像定位 / sound localization  
キーワード(5)(和/英) 両耳間時間差 / Interaural Time Difference  
キーワード(6)(和/英) 両耳間レベル差 / Interaural Level Difference  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 金田 萌 / Hajime Kaneda / カネダ ハジメ
第1著者 所属(和/英) 長岡技術科学大学 (略称: 長岡技科大)
Nagaoka University of Technology (略称: Nagaoka Univ. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 穗刈 治英 / Haruhide Hokari / ホカリ ハルヒデ
第2著者 所属(和/英) 長岡技術科学大学 (略称: 長岡技科大)
Nagaoka University of Technology (略称: Nagaoka Univ. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 島田 正治 / Shoji Shimada / シマダ ショウジ
第3著者 所属(和/英) 長岡技術科学大学 (略称: 長岡技科大)
Nagaoka University of Technology (略称: Nagaoka Univ. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-12-11 13:45:00 
発表時間 30 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2009-94 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.329 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2009-12-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会