お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-12-11 10:20
広域ユビキタスネットワークおけるリソース予約方式
俊長秀紀神谷弘樹柴田 弘小田部悟士松村 一松尾真人NTTNS2009-132
抄録 (和) ユビキタス社会のためのインフラストラクチャとして広域ユビキタスネットワーク(WAUN)を提案している.ユビキタス社会を実現するためのネットワークには,小型センサやアクチュエータ等取り扱うデータ量は小さいが,電池駆動で長命な端末を,経済的にネットワーク化することが求められる.こうしたことから,WAUNでは無線区間の伝送速度を9,600bit/sと低速にし,距離減衰が小さく回折が期待できるVHF帯を用いて数kmのセル半径を実現するシステムとしている.低速な無線区間を多くの端末が共用するWAUNを実現するために,リソース(無線帯域)を効率的に活用しなければならない.我々は,端末の通信シーケンスに着目し,事前に通信チャネルを予約することでリソースの有効活用を図る方式を提案する.シミュレーションにより提案方式を評価し,本方式の有用性を示す.また,これらの評価を通して提案方式を適用する領域を明らかにした. 
(英) A Wide Area Ubiquitous Network (WAUN) as a new wireless network to build ubiquitous society has been proposed. In the network for ubiquitous society, there are an extremely large number of terminals, for example micro-miniature sensors and actuators. Generally these terminals handle small data, and demand to drive by battery with long life. In order to meet the requirement, we employ low transmission rate; 9,600bit/s and wide coverage; several kilometers by VHF band, which is expected low propagation loss and effective diffraction. In WAUN, the frequency resource should be used effectively because an extremely large number of terminals share low transmission rate.
We focus on the data sequence and propose the resource reservation scheme for effective frequency resource utilization. This paper describes the proposed resource reservation scheme, and estimated result by simulation. The results of the evaluation demonstrate the proposed scheme is effective.
キーワード (和) 広域ユビキタスネットワーク / リソース予約 / 無線 / / / / /  
(英) Wide Area Ubiquitous Network / resource reservation / wireless / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 326, NS2009-132, pp. 67-72, 2009年12月.
資料番号 NS2009-132 
発行日 2009-12-03 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2009-132

研究会情報
研究会 NS  
開催期間 2009-12-10 - 2009-12-11 
開催地(和) 愛媛大学 
開催地(英) Ehime University (Ehime) 
テーマ(和) モバイル、アドホック、ユビキタス、無線、セキュリティ、マルチアクセス、アクセスネットワーク・UserNetworkInterface、Homeネットワーク、一般 
テーマ(英) Mobile Ad-hoc Network, Ubiquitous Network, Wireless Communication, security, Multi-Access Network 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2009-12-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 広域ユビキタスネットワークおけるリソース予約方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study of Resource Reservation Scheme for Wide Area Ubiquitous Network 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 広域ユビキタスネットワーク / Wide Area Ubiquitous Network  
キーワード(2)(和/英) リソース予約 / resource reservation  
キーワード(3)(和/英) 無線 / wireless  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 俊長 秀紀 / Hideki Toshinaga / トシナガ ヒデキ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社未来ねっと研究所 (略称: NTT)
NTT Network Innovation Laboratories (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 神谷 弘樹 / Koki Mitani / ミタニ コウキ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社未来ねっと研究所 (略称: NTT)
NTT Network Innovation Laboratories (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 柴田 弘 / Hiroshi Shibata / シバタ ヒロシ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社未来ねっと研究所 (略称: NTT)
NTT Network Innovation Laboratories (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 小田部 悟士 / Satoshi Kotabe / コタベ サトシ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社未来ねっと研究所 (略称: NTT)
NTT Network Innovation Laboratories (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 松村 一 / Hajime Matsumura / マツムラ ハジメ
第5著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社未来ねっと研究所 (略称: NTT)
NTT Network Innovation Laboratories (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 松尾 真人 / Masato Matsuo / マツオ マサト
第6著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社未来ねっと研究所 (略称: NTT)
NTT Network Innovation Laboratories (略称: NTT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-12-11 10:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2009-132 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.326 
ページ範囲 pp.67-72 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2009-12-03 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会