お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-12-09 09:00
複数の特徴検出器を適用したBoostingによる歩行者認識
松島宏典久留米高専)・内村圭一熊本大)・江崎昇二久留米高専ITS2009-28
抄録 (和) 近年,歩行者の死傷者数を低減するため,車載カメラを利用した歩行者認識システムの要求が高まっている.本論文では,ステレオカメラから得られる画像にAdaBoostを適用する歩行者認識手法について検討する.まず,ステレオマッチングにより視差画像を算出後,道路環境解析手法であるU-V-disparityを適用し歩行者領域を抽出する.次に,形状抽出フィルタにより,歩行者の輪郭形状を抽出した後,情報量の削減を行なう.最後に,AdaBoostを用いて歩行者の認識を行う.これらの手法を歩行者の撮影された画像に適用し,有効性の確認と検証を行う. 
(英) Pedestrian-vehicle accidents account for about one third of the total automotive related fatality and injury. So the inclusion of pedestrian protection systems such as external airbags is being consider as a solution to preventing pedestrian fatality and injury. However, such systems require knowledge of pedestrian presence for correct activation. In this work, it proposes the pedestrian recognition technique for considering three-dimensional information based on the image obtained from right and left cameras set up in the vehicle. These techniques are applied to the road scene images, and the confirmation and the verification of effectiveness are performed.
キーワード (和) ステレオ視 / 歩行者認識 / ITS / / / / /  
(英) Stereo Vision / Pedestrian Recognition / ITS / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 325, ITS2009-28, pp. 61-66, 2009年12月.
資料番号 ITS2009-28 
発行日 2009-12-01 (ITS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ITS2009-28

研究会情報
研究会 ITS WBS  
開催期間 2009-12-08 - 2009-12-09 
開催地(和) 熊本大学工学部 
開催地(英) Kumamoto University 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ITS 
会議コード 2009-12-ITS-WBS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 複数の特徴検出器を適用したBoostingによる歩行者認識 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Pedestrian Recognition Based on Boosting using Combination of Feature Detector 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ステレオ視 / Stereo Vision  
キーワード(2)(和/英) 歩行者認識 / Pedestrian Recognition  
キーワード(3)(和/英) ITS / ITS  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松島 宏典 / Kousuke Matsushima / マツシマ コウスケ
第1著者 所属(和/英) 久留米工業高等専門学校 (略称: 久留米高専)
Kurume National College of Technology (略称: Kurume Nat Coll of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 内村 圭一 / Keiichi Uchimura / ウチムラ ケイイチ
第2著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 江崎 昇二 / Shoji Esaki / エサキ ショウジ
第3著者 所属(和/英) 久留米工業高等専門学校 (略称: 久留米高専)
Kurume National College of Technology (略称: Kurume Nat Coll of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-12-09 09:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ITS 
資料番号 IEICE-ITS2009-28 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.325 
ページ範囲 pp.61-66 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ITS-2009-12-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会