電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-11-30 10:30
光学励起グラフェンによるコヒーレントテラヘルツ放射の観測
唐澤宏美渡辺隆之小森常義東北大)・末光眞希東北大/JST)・ヴィクトール リーズィー会津大/JST)・尾辻泰一東北大/JSTエレソ技報アーカイブへのリンク:ED2009-169
抄録 (和) 炭素原子の六員環単層シートであるグラフェンは、バンドギャップを持たず、線形分散をとるため、半導体とは異なる特異な電子物性を有する。グラフェンを光学励起した場合の導電率の実部を計算すると、テラヘルツ(THz)帯において、室温中で負値を取りうることがわかる。この負性導電率は、エネルギーの増幅をもたらすため、反転分布、誘導放出が可能であることを意味している。今回、シリコン基板上にエピタキシャル成長したグラフェン(GOS: graphene on Si)を対象として、電気光学サンプリングに基づく光学励起/THzプローブ法を用いて、キャリア緩和/再結合ダイナミクスを時間分解計測し、グラフェンからのコヒーレントなTHz放射を観測することに成功した。この結果は、負性導電率領域での誘導増幅放出と理解でき、新しいTHzレーザー実現への一歩といえる。 
(英) Graphene is a single-layer carbon-atomic honeycomb lattice crystal. Electrons and holes in graphene hold a linear dispersion relation with zero bandgap, resulting in a peculiar feature of negative-dynamic conductivity by optical pumping in the terahertz (THz) range at room temperature. Owing to this feature, we think that the population inversion and stimulated emission in graphene can be achieved. In this paper, we show the observation of coherent THz emission using an optical-pump/THz-probe technique based on the electrooptic sampling. This phenomenon is interpreted as an amplified stimulated THz emission, which will lead to a new type of THz laser.
キーワード (和) 負性導電率 / 誘導放出 / 反転分布 / GOS / コヒーレント / / /  
(英) negative-dynamic conductivity / population inversion / stimulated emission / GOS / coherent / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 313, ED2009-169, pp. 53-58, 2009年11月.
資料番号 ED2009-169 
発行日 2009-11-22 (ED) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

研究会情報
研究会 ED  
開催期間 2009-11-29 - 2009-11-30 
開催地(和) 大阪科学技術センター 
開催地(英) Osaka Science & Technology Center 
テーマ(和) ミリ波・テラヘルツ波デバイス・システム 
テーマ(英) Millimeter-wave, THz-wave device and system 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ED 
会議コード 2009-11-ED 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 光学励起グラフェンによるコヒーレントテラヘルツ放射の観測 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Observation of Coherent THz Emission in Optically Pumped Epitaxial Graphene Heterostructures 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 負性導電率 / negative-dynamic conductivity  
キーワード(2)(和/英) 誘導放出 / population inversion  
キーワード(3)(和/英) 反転分布 / stimulated emission  
キーワード(4)(和/英) GOS / GOS  
キーワード(5)(和/英) コヒーレント / coherent  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 唐澤 宏美 / Hiromi Karasawa / カラサワ ヒロミ
第1著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 隆之 / Takayuki Watanabe / ワタナベ タカユキ
第2著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小森 常義 / Tsuneyoshi Komori / コモリ ツネヨシ
第3著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 末光 眞希 / Maki Suemitsu / スエミツ マキ
第4著者 所属(和/英) 東北大学/JST-CREST (略称: 東北大/JST)
Tohoku University /JST-CREST (略称: Tohoku Univ. /JST-CREST)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) ヴィクトール リーズィー / Victor Ryzhii / ヴィクトール リーズィー
第5著者 所属(和/英) 会津大学/JST-CREST (略称: 会津大/JST)
University of Aizu /JST-CREST (略称: Aizu Univ. /JST-CREST)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 尾辻 泰一 / Taiichi Otsuji / オツジ タイイチ
第6著者 所属(和/英) 東北大学/JST-CREST (略称: 東北大/JST)
Tohoku University /JST-CREST (略称: Tohoku Univ. /JST-CREST)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-11-30 10:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ED 
資料番号 IEICE-ED2009-169 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.313 
ページ範囲 pp.53-58 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ED-2009-11-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会