お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-11-27 13:30
サブバンド処理による超広帯域信号の高精度DOA推定
大波加翔平藤元美俊堀 俊和福井大AP2009-136
抄録 (和) UWB(超広帯域)信号を用いたDOA(到来方向)推定に関する問題点として,周波数ごとにアンテナ素子指向性などが異なるため,その推定精度が劣化する.そこで,広帯域信号を複数のサブバンドに分割し,各サブバンドにおけるDOA推定を行い,平均化処理することで推定精度の向上を図る.
本報告では,(A)分割したサブバンド毎にMUSIC法を用いてDOAを推定し,その平均をとる,(B)サブバンド毎のMUSICスペクトラムを相乗平均した後DOAを推定する,(C)beamformer法におけるビームを平均化する,という3手法を提案し,DOA推定精度の向上効果について検討した.検討の結果,指向性の振幅歪みについてはスペクトラム相乗平均を,位相指向性の歪みに対してはスペクトラムの相乗平均またはビームの平均を用いることで,精度の高い推定ができることが分かった. 
(英) An accuracy of DOA (Direction of Arrival) is deteriorated in case of UWB (Ultra Wide Band) signal, because directional patterns of antenna elements are varied according with frequency bands. For the problem, sub-band signal processing is one of the promising techniques.
In this paper, following three methods using sub-band processing are proposed for improving the estimation accuracy: (A) Averaging the estimated DOA in respective sub-bands, (B) Averaging the MUSIC spectrums of respective sub-band, (C) Averaging the beams of respective sub-band in Beam Former Method. It is shown that method (B) has most high accuracy for amplitude distortion of element pattern. Moreover, it is also indicated that method (C) is most effective in sense of computational load for phase distortion.
キーワード (和) 到来方向推定 / UWB / サブバンド / 素子指向性歪み / 平均 / / /  
(英) DOA estimation / UWB / Sub-band / Element pattern distortion / averaging / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 304, AP2009-136, pp. 103-106, 2009年11月.
資料番号 AP2009-136 
発行日 2009-11-19 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AP2009-136

研究会情報
研究会 RCS AP  
開催期間 2009-11-26 - 2009-11-27 
開催地(和) 東工大 
開催地(英) Tokyo Inst. of Tech. 
テーマ(和) アダプティブアンテナ,等化,干渉キャンセラ,MIMO,無線通信,一般 
テーマ(英) Adaptive Antenna, Equalization, Interference Canceller, MIMO, Wireless Communication Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2009-11-RCS-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) サブバンド処理による超広帯域信号の高精度DOA推定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) High Accuracy DOA Estimation for Ultra Wideband Signal by using Sub-Band Processing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 到来方向推定 / DOA estimation  
キーワード(2)(和/英) UWB / UWB  
キーワード(3)(和/英) サブバンド / Sub-band  
キーワード(4)(和/英) 素子指向性歪み / Element pattern distortion  
キーワード(5)(和/英) 平均 / averaging  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大波加 翔平 / Shohei Ohaka / オハカ ショウヘイ
第1著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University. of Fukui. (略称: Univ. of Fukui.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤元 美俊 / Mitoshi Fujimoto / フジモト ミトシ
第2著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University. of Fukui. (略称: Univ. of Fukui.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀 俊和 / Toshikazu Hori / ホリ トシカズ
第3著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University. of Fukui. (略称: Univ. of Fukui.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-11-27 13:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2009-136 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.304 
ページ範囲 pp.103-106 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-AP-2009-11-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会