お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-11-27 09:00
レベルセット法に基づく構造最適化法を用いた左手系誘電体メタマテリアルの最適設計
山崎慎太郎野村壮史佐藤和夫豊田中研)・道下尚文山田吉英防衛大AP2009-128
抄録 (和) 従来の材料にはない特性をもつ新材料としてメタマテリアルが注目され,研究が行われている.メタマテリアルを設計するために,設計者の経験と理論的考察に基づいてメタマテリアルを構成するマイクロストラクチャの寸法設計を行う方法が広く用いられているが,この方法は設計の優劣が設計者の力量に強く依存するという問題がある.そこで筆者らは,レベルセット法に基づく構造最適化法をメタマテリアル設計問題に適用し,設計者の経験と理論的考察に依らずに,物理的に妥当で適切なメタマテリアル設計が行える方法論の構築を目指した.本研究では,カットオフ導波管に誘電体共振器を周期的に配置することにより形成される左手系誘電体メタマテリアルの設計問題について方法論の構築を行い,さらに数値例を用いて提案した方法により妥当で適切な設計が行えることを確認した. 
(英) The metamaterials are paid to attention and are investigated because these have the specific characteristics which the conventional materials do not have. However, it is sometimes difficult to design metamaterials based on experience and theoretical consideration. Therefore, the authors aim to construct a level set based structural optimization method to design metamaterials. In this report, the authors constructed a design method for left-handed dielectric metamaterials that consist of a waveguide and periodically located dielectric-resonators, and confirmed the validity of the newly constructed method using a numerical example.
キーワード (和) メタマテリアル / 左手系伝送線路 / 誘電体共振器 / 構造最適化 / レベルセット法 / / /  
(英) Metamaterial / Left-handed transmission line / Dielectric resonator / Structural Optimization / Level set method / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 304, AP2009-128, pp. 55-60, 2009年11月.
資料番号 AP2009-128 
発行日 2009-11-19 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AP2009-128

研究会情報
研究会 RCS AP  
開催期間 2009-11-26 - 2009-11-27 
開催地(和) 東工大 
開催地(英) Tokyo Inst. of Tech. 
テーマ(和) アダプティブアンテナ,等化,干渉キャンセラ,MIMO,無線通信,一般 
テーマ(英) Adaptive Antenna, Equalization, Interference Canceller, MIMO, Wireless Communication Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2009-11-RCS-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) レベルセット法に基づく構造最適化法を用いた左手系誘電体メタマテリアルの最適設計 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Design Optimization of Left-handed Dielectric Metamaterial Using a Level Set Based Structural Optimization Method 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) メタマテリアル / Metamaterial  
キーワード(2)(和/英) 左手系伝送線路 / Left-handed transmission line  
キーワード(3)(和/英) 誘電体共振器 / Dielectric resonator  
キーワード(4)(和/英) 構造最適化 / Structural Optimization  
キーワード(5)(和/英) レベルセット法 / Level set method  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山崎 慎太郎 / Shintaro Yamasaki / ヤマサキ シンタロウ
第1著者 所属(和/英) 株式会社 豊田中央研究所 (略称: 豊田中研)
Toyota Central R&D Labs., Inc. (略称: Toyota Central R&D Labs., Inc.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 野村 壮史 / Tsuyoshi Nomura / ノムラ ツヨシ
第2著者 所属(和/英) 株式会社 豊田中央研究所 (略称: 豊田中研)
Toyota Central R&D Labs., Inc. (略称: Toyota Central R&D Labs., Inc.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 和夫 / Kazuo Sato / サトウ カズオ
第3著者 所属(和/英) 株式会社 豊田中央研究所 (略称: 豊田中研)
Toyota Central R&D Labs., Inc. (略称: Toyota Central R&D Labs., Inc.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 道下 尚文 / Naobumi Michishita / ミチシタ ナオブミ
第4著者 所属(和/英) 防衛大学校 (略称: 防衛大)
National Defence Academy (略称: N.D.A)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 吉英 / Yoshihide Yamada / ヤマダ ヨシヒデ
第5著者 所属(和/英) 防衛大学校 (略称: 防衛大)
National Defence Academy (略称: N.D.A)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-11-27 09:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2009-128 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.304 
ページ範囲 pp.55-60 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2009-11-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会