電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-11-27 13:30
高密度・高トラフィック環境下における無線アドホックネットワークの通信機会公平性改善手法の提案
田中 塁神谷幸宏梅林健太鈴木康夫東京農工大RCS2009-160
抄録 (和) 現在,制御局を必要とせず端末のみで通信が可能な無線アドホックネットワークが注目されており,多くの提案がなされている.その提案方式の多くは,適度な通信端末数,呼の発生頻度でその性能が評価されている.しかし,災害時など通常では考えられないほど多くの端末が存在し,かつ呼の発生頻度が高い環境では動作しない場合がある.何故ならフレーム衝突が頻発し,通信そのものが成立しなくなるためである.本研究では,この様な高密度かつ高トラフィック環境に着目し,本来送信したいデータを送信する前に階層構造ネットワークを構築する方法を提案する.提案方式の性能を計算機シミュレーションによって評価した. 
(英) Recently, wireless ad hoc network (WAHN) has been attracting attention. Although many researches have been conducted for WAHN, they are not sufficient for environments in which there are so many nodes trying to transmit their data so frequently, namely high-density heavy-traffic (HDHT) environment. It is expected that most of the nodes under the HDHT environment cannot send data due to frequent packet collisions.
In this paper, to improve the performance of WAHN under the HDHT environment, we propose a new scheme for autonomous hierarchy generation of the nodes. Computer simulations verify that the hierarchy generated by the proposed scheme enhances the throughput of the so-many and densely-deployed nodes as well as the fainess of their communications.
キーワード (和) 無線アドホックネットワーク / 災害時通信 / 通信の公平性 / 高密度 / 高トラフィック / / /  
(英) wireless ad hoc network / emergency communications / fairness / High-density / Heavy-traffic / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 305, RCS2009-160, pp. 159-164, 2009年11月.
資料番号 RCS2009-160 
発行日 2009-11-19 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2009-160

研究会情報
研究会 RCS AP  
開催期間 2009-11-26 - 2009-11-27 
開催地(和) 東工大 
開催地(英) Tokyo Inst. of Tech. 
テーマ(和) アダプティブアンテナ,等化,干渉キャンセラ,MIMO,無線通信,一般 
テーマ(英) Adaptive Antenna, Equalization, Interference Canceller, MIMO, Wireless Communication Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2009-11-RCS-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 高密度・高トラフィック環境下における無線アドホックネットワークの通信機会公平性改善手法の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A new fairness improvement method for wireless ad hoc network under High-density/heavy-traffic environment 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線アドホックネットワーク / wireless ad hoc network  
キーワード(2)(和/英) 災害時通信 / emergency communications  
キーワード(3)(和/英) 通信の公平性 / fairness  
キーワード(4)(和/英) 高密度 / High-density  
キーワード(5)(和/英) 高トラフィック / Heavy-traffic  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 塁 / Rui Tanaka / タナカ ルイ
第1著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: Tokyo Univ. of Agr and Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 神谷 幸宏 / Yukihiro Kamiya / カミヤ ユキヒロ
第2著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: Tokyo Univ. of Agr and Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 梅林 健太 / Kenta Umebayashi / ウメバヤシ ケンタ
第3著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: Tokyo Univ. of Agr and Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 康夫 / Yasuo Suzuki / スズキ ヤスオ
第4著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: Tokyo Univ. of Agr and Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-11-27 13:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2009-160 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.305 
ページ範囲 pp.159-164 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2009-11-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会