お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-11-27 15:20
GCIP(l, m)法を用いた電磁波伝搬の数値解析
大久保 寛河田直樹首都大東京)・土屋隆生同志社大AP2009-140
抄録 (和) 本研究では,CIP 法を拡張し一般形エルミート補間を利用することで,Generalized CIP 法による電磁波伝搬解析を提案している.マルチサポートポイント・マルチモーメントを用いる手法としてGCIP(7,1) 法及びGCIP(5,2)法の数値誤差の評価を行い,従来法に比べて数値分散及び数値散逸が小さいことを明らかにした.特に,数値散逸は従来のCIP 法に比べて格段に改善されることが明らかになった.また,GPU(Graphics Processing Unit)を使用した高速化の検討を行い,GCIP(7,1) 法ではCPU の8 スレッド並列化に比べても20 数倍以上の高速化が可能となることを明らかにした. 
(英) This study addresses the issue of a low-dispersive and low-dissipative scheme for the simulation of electromagnetic field propagation. We examine the analysis for electromagnetic field propagation by the GCIP (7, 1)method and the GCIP (5, 2) method. The numerical results emonstrate that the numerical dissipation in these analyses is little generated. Moreover, a examination on decreasing the calculation time in GCIP methods is made using graphics processing unit(GPU).
キーワード (和) 電磁界数値解析 / CIP 法 / GCIP 法 / GPU / FDTD 法 / / /  
(英) Electromagnetic field numerical analysis / CIP method / GCIP method / GPU / FDTD method / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 304, AP2009-140, pp. 123-128, 2009年11月.
資料番号 AP2009-140 
発行日 2009-11-19 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AP2009-140

研究会情報
研究会 RCS AP  
開催期間 2009-11-26 - 2009-11-27 
開催地(和) 東工大 
開催地(英) Tokyo Inst. of Tech. 
テーマ(和) アダプティブアンテナ,等化,干渉キャンセラ,MIMO,無線通信,一般 
テーマ(英) Adaptive Antenna, Equalization, Interference Canceller, MIMO, Wireless Communication Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2009-11-RCS-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) GCIP(l, m)法を用いた電磁波伝搬の数値解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Numerical Simulation of Electromagnetic Wave Propagation Using Generalized CIP (l, m) Method 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 電磁界数値解析 / Electromagnetic field numerical analysis  
キーワード(2)(和/英) CIP 法 / CIP method  
キーワード(3)(和/英) GCIP 法 / GCIP method  
キーワード(4)(和/英) GPU / GPU  
キーワード(5)(和/英) FDTD 法 / FDTD method  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大久保 寛 / Kan Okubo / オオクボ カン
第1著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Met. Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 河田 直樹 / Naoki Kawada / カワダ ナオキ
第2著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Met. Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 土屋 隆生 / Takao Tsuchiya / ツチヤ タカオ
第3著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-11-27 15:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2009-140 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.304 
ページ範囲 pp.123-128 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2009-11-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会