電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-11-26 17:00
音韻・韻律情報を用いた両耳融合聴課題に関する検討
松井和貴網野加苗荒井隆行道又 爾上智大)・鎌田浩史和光大SP2009-68
抄録 (和) 音声知覚における大脳左右半球の処理の非対称性を調べる手法として,音声の音韻情報と韻律情報を分離して左右耳に割り振って提示し,その提示された情報を統合しながら課題に回答する両耳融合聴実験が提唱されている.両耳融合聴実験では音韻情報を右耳に,韻律情報を左耳に提示したほうが逆に提示するよりも反応時間が早くなると考えられるが,先行研究(荒井ら,2009)では提示条件に関する主効果は確認されなかった.そこで,本研究では刺激に施す処理の妥当性ならびに参加者に課す実験課題の妥当性についての検討を行った.その結果,作成した刺激に関しては妥当性が確認されたが,課題の内容については妥当性が確認されなかった.そこで,実験デザインを再構築した上で,課題の妥当性の検討を行った. 
(英) “Binaural integration listening test” proposed by Arai et al.(2009) explores cerebral asymmetry of speech perception by using the stimuli where phonemic and prosodic information of speech is separated from each other. These two information are then allocated to either right- and left-ear and presented to the listeners simultaneously, so that the selective attention of the auditory system can be investigated.
In this study, we conducted three experiments; the first experiment examined the appropriateness of the methods for creations of the stimuli; in the second and third, that of the experimental tasks was tested. the results confirmed the adequacy of the stimulus creations, although we may need further deliberations on the experimental tasks.
キーワード (和) 音声知覚 / 大脳半球左右差 / 両耳融合聴 / 韻律情報 / 音韻情報 / / /  
(英) Speech perception / Cerebral asymmetry / Binaural integration listening / Prosodic information / Phonemic information / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 308, SP2009-68, pp. 37-42, 2009年11月.
資料番号 SP2009-68 
発行日 2009-11-19 (SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SP2009-68

研究会情報
研究会 SP  
開催期間 2009-11-26 - 2009-11-27 
開催地(和) 静岡大学 
開催地(英) Shizuoka University 
テーマ(和) 言語獲得・学習, 合成,生成,韻律,一般 
テーマ(英) language acquisition, language learning, speech synthesis, speech production, prosody, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SP 
会議コード 2009-11-SP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 音韻・韻律情報を用いた両耳融合聴課題に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Deliberations on speech perception experiments using binaural integration of phonemic and prosodic information 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 音声知覚 / Speech perception  
キーワード(2)(和/英) 大脳半球左右差 / Cerebral asymmetry  
キーワード(3)(和/英) 両耳融合聴 / Binaural integration listening  
キーワード(4)(和/英) 韻律情報 / Prosodic information  
キーワード(5)(和/英) 音韻情報 / Phonemic information  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松井 和貴 / Kazuki Matsui / マツイ カズキ
第1著者 所属(和/英) 上智大学 (略称: 上智大)
Sophia University (略称: Sophia Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 網野 加苗 / Kanae Amino / アミノ カナエ
第2著者 所属(和/英) 上智大学 (略称: 上智大)
Sophia University (略称: Sophia Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 荒井 隆行 / Takayuki Arai / アライ タカユキ
第3著者 所属(和/英) 上智大学 (略称: 上智大)
Sophia University (略称: Sophia Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 道又 爾 / Chikashi Michimata / ミチマタ チカシ
第4著者 所属(和/英) 上智大学 (略称: 上智大)
Sophia University (略称: Sophia Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 鎌田 浩史 / Hirofumi Kamata / カマタ ヒロフミ
第5著者 所属(和/英) 和光大学 (略称: 和光大)
Wako University (略称: Wako Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-11-26 17:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 SP 
資料番号 IEICE-SP2009-68 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.308 
ページ範囲 pp.37-42 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SP-2009-11-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会