電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-11-26 13:25
ブロック対角化を用いた基地局連携マルチユーザMIMOの通信路容量
阪口 啓草島直紀新井麻希荒木純道東工大AP2009-120 RCS2009-142
抄録 (和) 基地局連携MIMO(分散MIMO)は,隣接する基地局が連携して複数アンテナを有した端末にMIMO通信を行う技術であり,特にセル端に位置する端末のセル間干渉を制御し,また基地局間の連携送信によりダイバーシチ利得・多重化利得を得る通信方式である.本稿では,この基地局連携MIMOおよびそれを発展させた基地局連携マルチユーザMIMOの通信路容量の理論式を導出する.理論式は,従来の単一基地局シングルユーザMIMOの固有値解析に,伝搬損失の異なる要素からなる基地局連携MIMOチャネル行列の相関行列および逆行列を適用することにより達成される. 
(英) Basestation cooperation MIMO, also known as distributed MIMO, is a MIMO transmission technology, where some adjacent basestations cooperatively transmit signals to user terminals with multiple antennas. The basestation cooperation MIMO is effective to improve throughput performance of user terminals especially at cell-edge by means of inter-cell interference control. Further performance improvement can be achieved by joint transmission to ensure multiplexing and diversity gains. In this paper, analytical equations of channel capacity of the basestation cooperation single and multi-user MIMO are derived. The basestation cooperation MIMO channel matrix composed of channel responses with different path-losses is applied to traditional eigenmode analysis of Wishart matrix.
キーワード (和) MIMO通信 / 基地局連携 / マルチユーザ / ブロック対角化 / 理論解析 / ウィシャート分布 / /  
(英) MIMO system / basestation cooperation / multi-user MIMO / block diagonalization / theoretical analysis / Wishart distribution / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 305, RCS2009-142, pp. 55-60, 2009年11月.
資料番号 RCS2009-142 
発行日 2009-11-19 (AP, RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AP2009-120 RCS2009-142

研究会情報
研究会 RCS AP  
開催期間 2009-11-26 - 2009-11-27 
開催地(和) 東工大 
開催地(英) Tokyo Inst. of Tech. 
テーマ(和) アダプティブアンテナ,等化,干渉キャンセラ,MIMO,無線通信,一般 
テーマ(英) Adaptive Antenna, Equalization, Interference Canceller, MIMO, Wireless Communication Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2009-11-RCS-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ブロック対角化を用いた基地局連携マルチユーザMIMOの通信路容量 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Channel Capacity of Basestation Cooperation Multi-user MIMO based on Block Diagonalization 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) MIMO通信 / MIMO system  
キーワード(2)(和/英) 基地局連携 / basestation cooperation  
キーワード(3)(和/英) マルチユーザ / multi-user MIMO  
キーワード(4)(和/英) ブロック対角化 / block diagonalization  
キーワード(5)(和/英) 理論解析 / theoretical analysis  
キーワード(6)(和/英) ウィシャート分布 / Wishart distribution  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 阪口 啓 / Kei Sakaguchi / サカグチ ケイ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 草島 直紀 / Naoki Kusashima / クサシマ ナオキ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 新井 麻希 / Maki Arai / アライ マキ
第3著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 荒木 純道 / Kiyomichi Araki / アラキ キヨミチ
第4著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-11-26 13:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-AP2009-120,IEICE-RCS2009-142 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.304(AP), no.305(RCS) 
ページ範囲 pp.7-12(AP), pp.55-60(RCS) 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2009-11-19,IEICE-RCS-2009-11-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会