お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-11-26 13:00
電波伝搬的視点に立った基地局協調システムの物理限界
唐沢好男谷口哲樹中嶋信生電通大AP2009-119 RCS2009-141
抄録 (和) 基地局間協調システムにおいて、その構成や制御に関する「理想」と「現実」の狭間に焦点を当て、電波伝搬的視点での考察(問題提起)を行った。具体的には、電波伝搬の問題に起因する物理的制約である「遅延広がり」と「ドップラー広がり」の狭間に横たわる「準静的状態」と「制御に許される時間」の関係を明らかにした。「制御に許される時間」は、伝搬環境やの協調システムのスケールや構成に依存するので、問題提起に留まっているが、システム設計には極めて厳しい状態(設計に余裕のない状態)であることを示した。また、基地局間協調システムでは、複数基地局がグループを形成して、そこに属するグループメンバー間での最適化を図ることになるが、それぞれの基地局が、それぞれ複数のグループのメンバーになることから、最適化がグループ内に閉じず、どのような制御を行っても、グループ間干渉の問題が付きまとうことを、問題提起とした。この問題は、構成メンバーがオーバーラップしてグルーピングされるあらゆる場面に共通に表れる問題であり、今後の検討課題として示した。 
(英) We highlighted on a gap between the "Ideal" and "Reality" aspects of base station cooperation schemes in next-generation mobile radio systems. A consideration to the gap is given from a propagation viewpoint. Namely, serious influence to the cooperation scheme performance caused by two propagation factors, "delay spreading" and "Doppler frequency spreading", is discussed. Furthermore, another important issue characterized by inter-group interference when forming overlap group members in cooperation systems is also highlighted.
キーワード (和) 基地局協調 / MIMO / 遅延スプレッド / ドップラースプレッド / グループ間干渉 / / /  
(英) Base station cooperation / MIMO / delay spread / Doppler spread / inter-group interference / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 304, AP2009-119, pp. 1-6, 2009年11月.
資料番号 AP2009-119 
発行日 2009-11-19 (AP, RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AP2009-119 RCS2009-141

研究会情報
研究会 RCS AP  
開催期間 2009-11-26 - 2009-11-27 
開催地(和) 東工大 
開催地(英) Tokyo Inst. of Tech. 
テーマ(和) アダプティブアンテナ,等化,干渉キャンセラ,MIMO,無線通信,一般 
テーマ(英) Adaptive Antenna, Equalization, Interference Canceller, MIMO, Wireless Communication Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2009-11-RCS-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 電波伝搬的視点に立った基地局協調システムの物理限界 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Physical Limit of Performance in Base Station Cooperation Systems from a Propagation Viewpoint 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 基地局協調 / Base station cooperation  
キーワード(2)(和/英) MIMO / MIMO  
キーワード(3)(和/英) 遅延スプレッド / delay spread  
キーワード(4)(和/英) ドップラースプレッド / Doppler spread  
キーワード(5)(和/英) グループ間干渉 / inter-group interference  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 唐沢 好男 / Yoshio Karasawa / カラサワ ヨシオ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
University. of Electro-Communications (略称: Univ. of Electro-Comm.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷口 哲樹 / Tetsuki Taniguchi / タニグチ テツキ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
University. of Electro-Communications (略称: Univ. of Electro-Comm.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中嶋 信生 / Nobuo Nakajima / ナカジマ ノブオ
第3著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
University. of Electro-Communications (略称: Univ. of Electro-Comm.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-11-26 13:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2009-119,IEICE-RCS2009-141 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.304(AP), no.305(RCS) 
ページ範囲 pp.1-6(AP), pp.49-54(RCS) 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2009-11-19,IEICE-RCS-2009-11-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会