電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-11-26 11:10
マクロセル環境における直交偏波MIMOのための伝搬路特性に関する実験的検討
小西洋平マテルム ローレンス高田潤一東工大)・井田一郎大石泰之富士通RCS2009-139
抄録 (和) 本稿では, マクロセル環境における4.5GHz 帯MIMO 伝搬測定に基づき, 近接した複数の散乱点からの到来波であるクラスタ抽出結果に対して, 偏波特性の解析結果を報告する. 特に, 各偏波成分のパス利得および偏波ダイバーシチシステム評価のための重要な指標である偏波比(cross-polarization ratio, co-polarization ratio)の, 伝搬パラメタ(到来角、遅延時間)への依存性について検討を行った. さらに本研究では, 仮説検定を用いてパラメタ間の相関度を定量的に評価・検証することにより, 複数の伝搬測定結果をより厳密に比較検討した.その結果, 偏波特性に対する到来方位角および遅延時間の影響は顕著でないが, 交差偏波比と到来仰俯角の間にはある程度の相関があることが明らかになった. 
(英) This paper presents clusterwise polarization characteristics based on an estimated MIMO channel of a small urban macrocell at 4.5 GHz. Polarization path gain, cross-polarization ratio, and co-polarization ratio charac-
teristics as inuenced by channel parameters such as delay, azimuth and elevation angle of arrival were investigated. Hypothesis testing was used to verify the degree of correlation among parameters. This statistical verication clarify the independence of polarization characteristics from azimuth angle of arrival, whereas some correlation was found between the cross-polarization ratio and the elevation angle of arrival.
キーワード (和) 電波伝搬 / MIMO / 市街地マクロセル / クラスタ / 交差偏波比 / / /  
(英) Radio propagation / MIMO / Urban macrocell / Multipath cluster / Cross-polarization ratio / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 305, RCS2009-139, pp. 37-42, 2009年11月.
資料番号 RCS2009-139 
発行日 2009-11-19 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2009-139

研究会情報
研究会 RCS AP  
開催期間 2009-11-26 - 2009-11-27 
開催地(和) 東工大 
開催地(英) Tokyo Inst. of Tech. 
テーマ(和) アダプティブアンテナ,等化,干渉キャンセラ,MIMO,無線通信,一般 
テーマ(英) Adaptive Antenna, Equalization, Interference Canceller, MIMO, Wireless Communication Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2009-11-RCS-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) マクロセル環境における直交偏波MIMOのための伝搬路特性に関する実験的検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Experimental Analysis of Dual-polarized MIMO systems in Small Urban Macrocell Environments 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 電波伝搬 / Radio propagation  
キーワード(2)(和/英) MIMO / MIMO  
キーワード(3)(和/英) 市街地マクロセル / Urban macrocell  
キーワード(4)(和/英) クラスタ / Multipath cluster  
キーワード(5)(和/英) 交差偏波比 / Cross-polarization ratio  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小西 洋平 / Yohei Konishi / コニシ ヨウヘイ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) マテルム ローレンス / Lawrence Materum / マテルム ローレンス
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 高田 潤一 / Jun-ichi Takada / タカダ ジュンイチ
第3著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 井田 一郎 / Ichirou Ida / イダ イチロウ
第4著者 所属(和/英) 富士通株式会社 (略称: 富士通)
Fujitsu Limited (略称: Fujitsu Ltd.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 大石 泰之 / Yasuyuki Oishi / オオイシ ヤスユキ
第5著者 所属(和/英) 富士通株式会社 (略称: 富士通)
Fujitsu Limited (略称: Fujitsu Ltd.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-11-26 11:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2009-139 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.305 
ページ範囲 pp.37-42 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2009-11-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会