お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-11-20 09:50
5.2GHz帯ダイレクトコンバージョン用低フリッカノイズミキサにおける線形性改善法の検討
古賀 昇モハンマド アブドゥルガニポカレル ラメシュ金谷晴一吉田啓二九大MW2009-137 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2009-137
抄録 (和) 我々はダイレクトコンバージョン用ミキサの低雑音化及び線形性の改善に関する研究を行っている。そこで、ギルバートセルダブルバランスミキサにDCI(Dynamic Current Injection)及び、チューニングインダクタを加えることで高利得、低フリッカノイズのミキサを設計し、その上でDS(Derivative Superposition)法を適用し線形性の改善をおこなった。ここではそれらについて報告する。 
(英) In this report, we present a high linearity, low flicker noise and high gain down conversion mixer at 5.2GHz band in 18 um CMOS process. The presented mixer was designed Gilbert cell topology using tuned inductors and dynamic current injection to reduce the flicker noise. The DS method was used to further improve the linearity of the mixer without affecting other parameters such as gain, flicker noise and power consumption.
キーワード (和) CMOS / mixer / フリッカノイズ / ダイレクトコンバージョン / / / /  
(英) CMOS / Mixer / Flicker Noise / Direct Conversion / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 291, MW2009-137, pp. 53-56, 2009年11月.
資料番号 MW2009-137 
発行日 2009-11-12 (MW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MW2009-137 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2009-137

研究会情報
研究会 MW  
開催期間 2009-11-19 - 2009-11-20 
開催地(和) JAXA種子島宇宙センター 
開催地(英) Tanegashima 
テーマ(和) マイクロ波一般 
テーマ(英) Microwave Technologies 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MW 
会議コード 2009-11-MW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 5.2GHz帯ダイレクトコンバージョン用低フリッカノイズミキサにおける線形性改善法の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Discussion on Improvement of Linearity and Flicker Noise of a Down Conversion Mixer for 5.2 GHz-Band Direction Conversion Receiver 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) CMOS / CMOS  
キーワード(2)(和/英) mixer / Mixer  
キーワード(3)(和/英) フリッカノイズ / Flicker Noise  
キーワード(4)(和/英) ダイレクトコンバージョン / Direct Conversion  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 古賀 昇 / Noboru Koga / コガ ノボル
第1著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) モハンマド アブドゥルガニ / Mahmoud Abdelghany / Mahmoud Abdelghany
第2著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) ポカレル ラメシュ / Ramesh Pokharel / ポカレル ラメシュ
第3著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 金谷 晴一 / Haruichi Kanaya / カナヤ ハルイチ
第4著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 啓二 / Keiji Yoshida /
第5著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-11-20 09:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MW 
資料番号 IEICE-MW2009-137 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.291 
ページ範囲 pp.53-56 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-MW-2009-11-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会