電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-11-20 11:30
領域分割機能を有する分離型適応補間フィルタに関する検討
松尾翔平高村誠之如澤裕尚NTT
抄録 (和) 映像情報における時間方向の冗長性削減のために、近年の映像符号化標準方式は動き補償型画面間予測を採用している。非常に細かい動きが映像に含まれる場合は整数画素精度だと十分な効率が得られないため、H.264/AVCでは1/4画素精度動き補償が導入された。補間には1次元6タップフィルタが用いられるが、フィルタの係数は入力画像の解像度や性質に関係なく、一定である。
そこでフレーム単位でフィルタ係数を動的に変更する「適応補間フィルタ」と呼ばれる符号化ツールが、ITU-Tの次世代映像符号化検討グループ(VCEG)で提案されている。本ツールはフレーム単位でフィルタ係数の最適化を行うが、フレームが複数の特徴的な領域に分けられる場合、各領域ごとに最適化した方が、効率が上がると考えられる。そこで本稿では、画像局所性を考慮した領域分割機能を有する適応補間フィルタを提案する。実験の結果、従来の適応補間フィルタに対して同一PSNRで約2%の符号量削減を確認した。 
(英) Video coding standards employ inter-frame prediction with motion compensation to reduce temporal redundancy. Motion compensation of integer-pel accuracy is not effective for fine movements and the coding efficiency deteriorates. Therefore, motion compensation of quarter-pel accuracy was introduced into H.264/AVC. The one dimensional 6-tap filter is used for the interpolation. However, the values of the filter coefficients are constant regardless of the resolution and the characteristic of the input video.
The coding tool called ``adaptive interpolation filter" (AIF) was proposed in Video Coding Experts Group (VCEG) of ITU-T. AIF optimizes the filter coefficients on frame basis. However, when the frame is divided into multiple regions where each region has different characteristics, the coding efficiency could improve by optimizing them on region basis. Consequently, we propose the region-based adaptive interpolation filter taking into account the image locality. The simulation results showed that the bit-rate reduction under the same PSNR was about 2 % compared to the conventional AIF.
キーワード (和) H.264/AVC / 動き補償 / 適応補間フィルタ / 画像局所性 / 領域分割 / 符号化効率 / /  
(英) H.264/AVC / motion compensation / adaptive interpolation filter / image locality / region dividing / coding efficiency / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 292, IE2009-118, pp. 113-116, 2009年11月.
資料番号 IE2009-118 
発行日 2009-11-12 (IE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ITE-ME ITE-AIT ITE-BCT IE  
開催期間 2009-11-19 - 2009-11-20 
開催地(和) 九州産業大学 
開催地(英) Kyushu Sangyo Univ. 
テーマ(和) 高精細画像の処理・表示,および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IE 
会議コード 2009-11-ME-AIT-BCT-IE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 領域分割機能を有する分離型適応補間フィルタに関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Separable Adaptive Interpolation Filter with Region Dividing Technique for Motion Compensation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) H.264/AVC / H.264/AVC  
キーワード(2)(和/英) 動き補償 / motion compensation  
キーワード(3)(和/英) 適応補間フィルタ / adaptive interpolation filter  
キーワード(4)(和/英) 画像局所性 / image locality  
キーワード(5)(和/英) 領域分割 / region dividing  
キーワード(6)(和/英) 符号化効率 / coding efficiency  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松尾 翔平 / Shohei Matsuo / マツオ ショウヘイ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 NTTサイバースペース研究所 (略称: NTT)
NTT Cyber Space Laboratories, NTT Corporation (略称: NTT Corp.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高村 誠之 / Seishi Takamura / タカムラ セイシ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 NTTサイバースペース研究所 (略称: NTT)
NTT Cyber Space Laboratories, NTT Corporation (略称: NTT Corp.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 如澤 裕尚 / Hirohisa Jozawa / ジョザワ ヒロヒサ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 NTTサイバースペース研究所 (略称: NTT)
NTT Cyber Space Laboratories, NTT Corporation (略称: NTT Corp.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-11-20 11:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IE 
資料番号 IEICE-IE2009-118 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.292 
ページ範囲 pp.113-116 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-IE-2009-11-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会