電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-11-20 13:00
脳磁界計測による自動車加速音評価に関する基礎的検討
石光俊介広島市大)・高見健治兵庫県立大)・山本 学広島市大)・中川誠司添田喜治産総研EA2009-89
抄録 (和) 本研究では,自動車エンジン音に対する聴感印象の客観的評価のための基礎検討として,脳磁界計測による自動車加速時のエンジンの音質評価を試みた.まず,加速音に対する心理的好ましさとアルファ活動との関係を調べた.加速音に対する好ましさを一対比較法により測定し,それらの加速音を提示している間の大脳活動を全頭型脳磁計を用いて計測した.アルファ波帯域の脳磁界の自己相関パラメータと心理尺度の比較を行った結果,好ましくない音を提示した場合に比べて,好ましい音を提示した場合に後頭部付近でのアルファ波の自己相関関数の有効継続時間が長くなる傾向が確認された.さらに,加速音に対する聴覚誘発脳磁界反応とSD 法による聴感評価との比較を行った.その結果,周波数の時間変化の違いによる聴感印象の差が,聴覚誘発脳磁界のN1m 振幅値に反映されている可能性が示唆された. 
(英) The production concept of car engine sounds has evolved from one of noise reduction to one of sound design. Auditory impressions have been examined from a psychological point of view. However, it is difficult to gain a full understanding of the issue using this approach alone. Thus, we investigated the relationships between subjective preference and brain magnetic fields for accelerating car interior noise.
First, harmonic complex tones that simulate acceleration noise were used as stimuli. Subjective evaluations were examined using the semantic differential (SD) method and neuronal activities of the auditory cortex evoked by these stimuli were measured by magnetoencephalography (MEG). The results indicated that has a significant effect on subjective impressions and on neuronal activities of the auditory cortex.
Second, the acceleration noise was measured with an in-line 4-cylinder engine and harmonic complex tones that simulate acceleration noise used as the stimuli. Subjective evaluations were examined using the paired-comparison method. At the same time, the MEG alpha-waves range (8-13 Hz) measurements were made and analyzed using the ACF (autocorrelation function). The results indicate that the effective duration of the ACF of the MEGs of between 8 and 13 Hz lengthens after the presentation of a preferred sound.
キーワード (和) サウンドデザイン / SD法 / MEG / 車内騒音 / N1m / アルファ波 / /  
(英) Sound design / Semantic defferencial method / Magnetoencephalography / Car interior Noise / N1m / Alpha wave / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 286, EA2009-89, pp. 79-84, 2009年11月.
資料番号 EA2009-89 
発行日 2009-11-12 (EA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2009-89

研究会情報
研究会 EA  
開催期間 2009-11-19 - 2009-11-20 
開催地(和) 県立広島大 
開催地(英)  
テーマ(和) 一般(応用/電気音響) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2009-11-EA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 脳磁界計測による自動車加速音評価に関する基礎的検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study of inpression evaluation of accelerating car interior noise using brain magnetic fields 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) サウンドデザイン / Sound design  
キーワード(2)(和/英) SD法 / Semantic defferencial method  
キーワード(3)(和/英) MEG / Magnetoencephalography  
キーワード(4)(和/英) 車内騒音 / Car interior Noise  
キーワード(5)(和/英) N1m / N1m  
キーワード(6)(和/英) アルファ波 / Alpha wave  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 石光 俊介 / Shunsuke Ishimitsu / イシミツ シュンスケ
第1著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高見 健治 / Kenji Takami / タカミ ケンジ
第2著者 所属(和/英) 兵庫県立大学 (略称: 兵庫県立大)
University of Hyogo (略称: Univ. of Hyogo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 学 / Manabu Yamamoto / ヤマモト マナブ
第3著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 中川 誠司 / Seiji Nakagawa / ナカガワ セイジ
第4著者 所属(和/英) 産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 添田 喜治 / Yoshiharu Soeta / ソエタ ヨシハル
第5著者 所属(和/英) 産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-11-20 13:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2009-89 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.286 
ページ範囲 pp.79-84 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2009-11-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会