電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-11-20 15:50
Current Fluctuation Measurement for Breaking Contact at Transient Period from Bridge to Arc
Shingo HanawaKazuaki MiyanagaYoshiki KayanoHiroshi InoueAkita Univ.エレソ技報アーカイブへのリンク:EMD2009-103
抄録 (和) (まだ登録されていません) 
(英) Since electromagnetic (EM) noise resulting from an arc discharge disturbs other electric devices, parameters on electromagnetic compatibility, as well as lifetime and reliability, are important properties for electrical contacts. To clarify the characteristics and the mechanism of the generation of the EM noise, the current fluctuation as current noise frequency generated by slowly breaking contacts was investigated experimentally using Ag material. To reveal the characteristics as pure clean surface contact operation, the arc only at the operation of the first contact break was measured. From the time-frequency domain characteristics of current noise, it was clarified that the peaks of current noise due to voltage fluctuation at 30MHz and 70MHz band arise at the arc discharge. It is demonstrated experimentally that peak frequency of current noise is independent of supply voltage. As the supply voltage increases, peak value of current noise increases.
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) Arc discharge / Bridge / Current noise (current fluctuation) / Time-frequency domain characteristic / Slow breaking / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 287, EMD2009-103, pp. 145-148, 2009年11月.
資料番号 EMD2009-103 
発行日 2009-11-12 (EMD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

研究会情報
研究会 EMD  
開催期間 2009-11-19 - 2009-11-20 
開催地(和) 日本工業大学 神田キャンパス 
開催地(英) Nippon Institute of Technology, Kanda Campus, Tokyo, Japan 
テーマ(和) IS-EMD2009 (機構デバイス研究会 第9回国際セッション) 
テーマ(英) IS-EMD2009 (9th International Session on Electro-Mechanical Devices) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMD 
会議コード 2009-11-EMD 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Current Fluctuation Measurement for Breaking Contact at Transient Period from Bridge to Arc 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) / Arc discharge  
キーワード(2)(和/英) / Bridge  
キーワード(3)(和/英) / Current noise (current fluctuation)  
キーワード(4)(和/英) / Time-frequency domain characteristic  
キーワード(5)(和/英) / Slow breaking  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 塙 真吾 / Shingo Hanawa / ハナワ シンゴ
第1著者 所属(和/英) 秋田大学 (略称: 秋田大)
Akita University (略称: Akita Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮永 和明 / Kazuaki Miyanaga / ミヤナガ カズアキ
第2著者 所属(和/英) 秋田大学 (略称: 秋田大)
Akita University (略称: Akita Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 萓野 良樹 / Yoshiki Kayano / カヤノ ヨシキ
第3著者 所属(和/英) 秋田大学 (略称: 秋田大)
Akita University (略称: Akita Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 浩 / Hiroshi Inoue / イノウエ ヒロシ
第4著者 所属(和/英) 秋田大学 (略称: 秋田大)
Akita University (略称: Akita Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-11-20 15:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 EMD 
資料番号 IEICE-EMD2009-103 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.287 
ページ範囲 pp.145-148 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-EMD-2009-11-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会