電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-11-20 11:30
2チャネルシステム同定のための相互相関低減法に関する検討
岡本 豊藤井健作兵庫県立大)・棟安実治関西大)・森本雅和兵庫県立大EA2009-88
抄録 (和) 本報告では, チャネル数が2のシステムにおいて,参照信号間の相互相関を低減する手法を提案する.
一般に,マルチチャネルシステム同定において参照信号間に相互相関が存在する場合,通常の学習同定法では未知系の同定速度は低下する.
そこで,提案するアルゴリズムを用いることにより同定速度が向上することシミュレーションにより確認する.
また,その収束条件を導出し,その有効性を確認する. 
(英) In this paper, input and output of two channel systems, we propose a method to reduce the cross-correlation between reference signals.
Generally, if there is a cross-correlation between reference signals in a multi-channel system identification, NLMS for identification of unknown systems is usually lower speed.
So, make sure to improve simulation speed by using the identification algorithm is proposed.
In addition, this paper derives the convergence condition and confirm the effectiveness.
キーワード (和) マルチチャネルシステム同定 / 相互相関低減法 / 学習同定法 / $EE^{\prime}$法 / / / /  
(英) multi-channel system identification / cross-correlation reduction method / NLMS / $EE^{\prime}$ algorithum / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 286, EA2009-88, pp. 73-78, 2009年11月.
資料番号 EA2009-88 
発行日 2009-11-12 (EA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2009-88

研究会情報
研究会 EA  
開催期間 2009-11-19 - 2009-11-20 
開催地(和) 県立広島大 
開催地(英)  
テーマ(和) 一般(応用/電気音響) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2009-11-EA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 2チャネルシステム同定のための相互相関低減法に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study on Cross-Correlation Reduction Methods for Two-channel system Identification 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マルチチャネルシステム同定 / multi-channel system identification  
キーワード(2)(和/英) 相互相関低減法 / cross-correlation reduction method  
キーワード(3)(和/英) 学習同定法 / NLMS  
キーワード(4)(和/英) $EE^{\prime}$法 / $EE^{\prime}$ algorithum  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡本 豊 / Yutaka Okamoto / オカモト ユタカ
第1著者 所属(和/英) 兵庫県立大学 (略称: 兵庫県立大)
University of Hyogo (略称: Univ. of Hyogo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤井 健作 / Kensaku Fujii / フジイ ケンサク
第2著者 所属(和/英) 兵庫県立大学 (略称: 兵庫県立大)
University of Hyogo (略称: Univ. of Hyogo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 棟安 実治 / Mitsuji Muneyasu / ムネヤス ミツジ
第3著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 森本 雅和 / Masakazu Morimoto / モリモト マサカズ
第4著者 所属(和/英) 兵庫県立大学 (略称: 兵庫県立大)
University of Hyogo (略称: Univ. of Hyogo)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-11-20 11:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2009-88 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.286 
ページ範囲 pp.73-78 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2009-11-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会