電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-11-19 13:30
空間エイリアシングを考慮した複数音源定位法の性能改善
関 幸夫陶山健仁東京電機大EA2009-77
抄録 (和) 本研究では,拡張ヒストグラムによる複数音源定位の性能改善手法を提案する.推定精度の向上には,マイクロホン間隔を広げることが有効であるが,空間エイリアシングの影響でヒストグラムに偽りのピークが発生する問題が生じる.本研究では,エイリアシングの影響を受けない低周波帯域の推定結果に基づいて,偽りのピークを抑制する指標を提案し,この問題を解決する.実環境実験により提案法の有効性を示す. 
(英) In this paper, we propose an improvement method for multiple sound source localization based on the extended histogram. In general, the wider space of microphones is used for improving performance, the more accurately we can estimate the direction of each source. However, some false peaks may appear on the extended histogram. In this paper, a new reliability index based on results of low frequency band where no spatial aliasing arises is proposed to exclude such the false peaks. Several experimental results in an actual room environment are shown to present an ability of the proposed method.
キーワード (和) 音源定位 / 空間エイリアシング / マイクロホンアレー / スパース性 / / / /  
(英) sound source localization / spatial aliasing / microphone array / sparseness / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 286, EA2009-77, pp. 7-12, 2009年11月.
資料番号 EA2009-77 
発行日 2009-11-12 (EA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2009-77

研究会情報
研究会 EA  
開催期間 2009-11-19 - 2009-11-20 
開催地(和) 県立広島大 
開催地(英)  
テーマ(和) 一般(応用/電気音響) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2009-11-EA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 空間エイリアシングを考慮した複数音源定位法の性能改善 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance Improvement of Multiple Sound Source Localization in Consideration of Spatial Aliasing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 音源定位 / sound source localization  
キーワード(2)(和/英) 空間エイリアシング / spatial aliasing  
キーワード(3)(和/英) マイクロホンアレー / microphone array  
キーワード(4)(和/英) スパース性 / sparseness  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 関 幸夫 / Yukio Seki / セキ ユキオ
第1著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 陶山 健仁 / Kenji Suyama / スヤマ ケンジ
第2著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-11-19 13:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2009-77 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.286 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2009-11-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会