電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-11-19 09:50
Experimental Result on Reducing the Resistance Due To Temperature Rise in Pd Contacts
Hiroyuki IshidaShunsuke SasakiTohoku Bunka Gakuen Univ.エレソ技報アーカイブへのリンク:EMD2009-71
抄録 (和) We should study on the phenomenon reducing the contact resistance. Contact voltages in Palladium (Pd) contacts, temperatures and currents have been precisely measured after supplying currents. As a result of the experiment, the precious result was got that the contact resistance had the convex characteristic with respect to the electrode temperature after increasing current like step. The approximate formula of the contact resistance deduced was quadratic as far as the electrode temperature was concerned. This formula included the other variables concerning with the contact spot and temperature distribution in the constriction region. According to the result, the condition exists for reducing contact resistance even if the electrode temperature rises. In this paper, the experimental result and the deduction of the contact resistance will be shown. The result of this paper will be expected to be referred to the thermal design of contacts. 
(英) We should study on the phenomenon reducing the contact resistance. Contact voltages in Palladium (Pd) contacts, temperatures and currents have been precisely measured after supplying currents. As a result of the experiment, the precious result was got that the contact resistance had the convex characteristic with respect to the electrode temperature after increasing current like step. The approximate formula of the contact resistance deduced was quadratic as far as the electrode temperature was concerned. This formula included the other variables concerning with the contact spot and temperature distribution in the constriction region. According to the result, the condition exists for reducing contact resistance even if the electrode temperature rises. In this paper, the experimental result and the deduction of the contact resistance will be shown. The result of this paper will be expected to be referred to the thermal design of contacts.
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) Electrical Contacts / Voltage / Resistance / Resistivity / Temperature / Thermal Expansion / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 287, EMD2009-71, pp. 9-12, 2009年11月.
資料番号 EMD2009-71 
発行日 2009-11-12 (EMD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

研究会情報
研究会 EMD  
開催期間 2009-11-19 - 2009-11-20 
開催地(和) 日本工業大学 神田キャンパス 
開催地(英) Nippon Institute of Technology, Kanda Campus, Tokyo, Japan 
テーマ(和) IS-EMD2009 (機構デバイス研究会 第9回国際セッション) 
テーマ(英) IS-EMD2009 (9th International Session on Electro-Mechanical Devices) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMD 
会議コード 2009-11-EMD 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Experimental Result on Reducing the Resistance Due To Temperature Rise in Pd Contacts 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) / Electrical Contacts  
キーワード(2)(和/英) / Voltage  
キーワード(3)(和/英) / Resistance  
キーワード(4)(和/英) / Resistivity  
キーワード(5)(和/英) / Temperature  
キーワード(6)(和/英) / Thermal Expansion  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 石田 広幸 / Hiroyuki Ishida / イシダ ヒロユキ
第1著者 所属(和/英) 東北文化学園大学 (略称: 東北文化学園大)
Tohoku Bunka Gakuen University (略称: Tohoku Bunka Gakuen Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐々木 俊介 / Shunsuke Sasaki / ササキ シュンスケ
第2著者 所属(和/英) 東北文化学園大学 (略称: 東北文化学園大)
Tohoku Bunka Gakuen University (略称: Tohoku Bunka Gakuen Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-11-19 09:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 EMD 
資料番号 IEICE-EMD2009-71 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.287 
ページ範囲 pp.9-12 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-EMD-2009-11-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会