お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-11-19 14:00
多方向画面内予測によるロスレス画像符号化に関する一検討
松村誠明高村誠之如澤裕尚NTTIE2009-101
抄録 (和) ロスレス画像符号化ではMED予測やGAPに代表されるように,復号済みの既知の画素値を参照して符号化対象画素の予測値を生成し,予測誤差をエントロピー符号化する手法が広く用いられている.本稿ではロスレス符号化を対象に,AVC/H.264のようにブロック単位で明示的に予測方向を指定する手法に注目する.最近傍画素を用いて多方向から予測値を生成する手法を複数構築して効果的な手法を見つけ出し,これらを組み合わせることでAVC/H.264に基づく方式と比較して符号化効率が平均約0.5 [%],最大約3.1[% ]改善した. 
(英) In this paper, we propose multi-directional intra predictior for lossless image coding based on AVC/H.264 block scanning. By combining some multi-directional intra predictors, we achieve 0.5 [%] on average (maximum 3.1 [%]) more bitrate reduction than a lossless intra predictor based on AVC/H.264.
キーワード (和) ロスレス画像符号化 / 多方向画面内予測 / AVC/H.264 / / / / /  
(英) Lossless Image Coding / Multi-directional Intra Prediction / AVC/H.264 / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 292, IE2009-101, pp. 19-22, 2009年11月.
資料番号 IE2009-101 
発行日 2009-11-12 (IE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IE2009-101

研究会情報
研究会 ITE-ME ITE-AIT ITE-BCT IE  
開催期間 2009-11-19 - 2009-11-20 
開催地(和) 九州産業大学 
開催地(英) Kyushu Sangyo Univ. 
テーマ(和) 高精細画像の処理・表示,および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IE 
会議コード 2009-11-ME-AIT-BCT-IE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 多方向画面内予測によるロスレス画像符号化に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study of Lossless Image Coding Based on Multi-directional Intra Prediction 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ロスレス画像符号化 / Lossless Image Coding  
キーワード(2)(和/英) 多方向画面内予測 / Multi-directional Intra Prediction  
キーワード(3)(和/英) AVC/H.264 / AVC/H.264  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松村 誠明 / Masaaki Matsumura / マツムラ マサアキ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社NTTサイバースペース研究所 (略称: NTT)
NTT Cyber Space Laboratories, NTT Corporation. (略称: NTT Corp.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高村 誠之 / Seishi Takamura / タカムラ セイシ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社NTTサイバースペース研究所 (略称: NTT)
NTT Cyber Space Laboratories, NTT Corporation. (略称: NTT Corp.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 如澤 裕尚 / Hirohisa Jozawa / ジョザワ ヒロヒサ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社NTTサイバースペース研究所 (略称: NTT)
NTT Cyber Space Laboratories, NTT Corporation. (略称: NTT Corp.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-11-19 14:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IE 
資料番号 IEICE-IE2009-101 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.292 
ページ範囲 pp.19-22 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-IE-2009-11-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会