お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-11-19 17:00
深度剥離を用いた変形物体間の衝突判定手法
中川真志向井信彦小杉 信東京都市大IE2009-109
抄録 (和) 本稿では,変形する物体間や自己干渉(セルフコリジョン)にも適応可能で高速な衝突判定手法を提案する.本手法ではまず,深度剥離によりLayered Depth Image (LDI)を作成し,レイヤー毎の各ピクセルに描画したポリゴンインデックスを保持する.次に,隣接ピクセル間のレイヤー値の並び順を比較し,反転したポリゴンインデックスを衝突するポリゴンの組合せとして探索する.探索中のピクセルが以降の探索でポリゴンインデックス反転の可能性を持つか判定することで,高速な衝突判定を行う.また,本手法ではTransform Feedbackを用いることで,GPUで計算した衝突ポリゴンの探索結果をCPUへリードバックせずに扱えるため高速処理が可能である.これらの手法を,Intel Core2 Quad CPU ,NVIDIA GeForce9800GT graphics cardのPC環境および,800x800の画面解像度で実行した結果,約10,000ポリゴンで構成される物体間の衝突判定時間は約25msecであった. 
(英) In this paper, We propose a fast collision detection method between multiple deformable objects including self-collision by using a graphics hardware. Our method uses a layered depth image (LDI) that is generated by depth peeling, and transform feedback. Therefore, it is possible to perform collision detection very fast because there is no need for reading back from GPU. The proposed method has been implemented on a PC with NVIDIA GeForce9800GT graphics card and applied to two objects with 10,000 triangles on an image-space resolution of 800x800. As a result, the computing time for overlapping polygons was about 25 milliseconds.
キーワード (和) 衝突判定 / 変形物体 / セルフコリジョン / GPGPU / / / /  
(英) Collision Detection / Deformable Object / Self-Collision / General-Purpose GPU / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 292, IE2009-109, pp. 61-66, 2009年11月.
資料番号  
発行日 2009-11-12 (IE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IE2009-109

研究会情報
研究会 ITE-ME ITE-AIT ITE-BCT IE  
開催期間 2009-11-19 - 2009-11-20 
開催地(和) 九州産業大学 
開催地(英) Kyushu Sangyo Univ. 
テーマ(和) 高精細画像の処理・表示,および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ITE-AIT 
会議コード 2009-11-ME-AIT-BCT-IE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 深度剥離を用いた変形物体間の衝突判定手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Depth Peeling Based Method of Collision Detection for Deformable Objects 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 衝突判定 / Collision Detection  
キーワード(2)(和/英) 変形物体 / Deformable Object  
キーワード(3)(和/英) セルフコリジョン / Self-Collision  
キーワード(4)(和/英) GPGPU / General-Purpose GPU  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中川 真志 / Masashi Nakagawa / ナカガワ マサシ
第1著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 向井 信彦 / Nobuhiko Mukai / ムカイ ノブヒコ
第2著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小杉 信 / Makoto Kosugi / コスギ マコト
第3著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-11-19 17:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 ITE-AIT 
資料番号 IEICE-IE2009-109 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.292 
ページ範囲 pp.61-66 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IE-2009-11-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会