電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-11-19 13:40
Effect of Crosslink Agents on Alumina and Natural Rubber Composite Materials
Nuchnapa TangboriboonAnchalee BanchongSaranya ChaisakgreenonNahathai SornprasarnKasetsart Univ.エレソ技報アーカイブへのリンク:EMD2009-77
抄録 (和) Adding non-carboxylic peroxide, dicumyl peroxide (DCP), to vulcanize alumina and natural rubber composite materials influences on the elongation at break, ductility, and crosslink density. Dicumyl peroxide acts as a catalyst and vulcanizing agent to crosslink elastomer molecules. The optimum condition of vulcanizing time and temperature of elastomer added 60 phr Al2O3 is at 170°C for 8 min. The elongations at break of 1, 3, and 5 % by weight of DCP are 633.26, 182.88, and 65.86, respectively. The crosslink density values are equal to 2.7029x10-4, 3.93x10-4, and 6.29x10-4 mol/cm3, respectively. Furthermore, the received results correspond to the results investigated by Particle size distribution, XRD, and Scanning Electron Microscope (SEM). Alumina and natural composite materials added DCP crosslink agent have potential to be used as engineering products such as supporters, actuators, soft artificial muscles, and medical-dental devices. 
(英) Adding non-carboxylic peroxide, dicumyl peroxide (DCP), to vulcanize alumina and natural rubber composite materials influences on the elongation at break, ductility, and crosslink density. Dicumyl peroxide acts as a catalyst and vulcanizing agent to crosslink elastomer molecules. The optimum condition of vulcanizing time and temperature of elastomer added 60 phr Al2O3 is at 170°C for 8 min. The elongations at break of 1, 3, and 5 % by weight of DCP are 633.26, 182.88, and 65.86, respectively. The crosslink density values are equal to 2.7029x10-4, 3.93x10-4, and 6.29x10-4 mol/cm3, respectively. Furthermore, the received results correspond to the results investigated by Particle size distribution, XRD, and Scanning Electron Microscope (SEM). Alumina and natural composite materials added DCP crosslink agent have potential to be used as engineering products such as supporters, actuators, soft artificial muscles, and medical-dental devices.
キーワード (和) Crosslink agent / Composite materials / Degree of crosslink / Actuators / Dicumyl peroxide / / /  
(英) Crosslink agent / Composite materials / Degree of crosslink / Actuators / Dicumyl peroxide / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 287, EMD2009-77, pp. 33-36, 2009年11月.
資料番号 EMD2009-77 
発行日 2009-11-12 (EMD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

研究会情報
研究会 EMD  
開催期間 2009-11-19 - 2009-11-20 
開催地(和) 日本工業大学 神田キャンパス 
開催地(英) Nippon Institute of Technology, Kanda Campus, Tokyo, Japan 
テーマ(和) IS-EMD2009 (機構デバイス研究会 第9回国際セッション) 
テーマ(英) IS-EMD2009 (9th International Session on Electro-Mechanical Devices) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMD 
会議コード 2009-11-EMD 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Effect of Crosslink Agents on Alumina and Natural Rubber Composite Materials 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Crosslink agent / Crosslink agent  
キーワード(2)(和/英) Composite materials / Composite materials  
キーワード(3)(和/英) Degree of crosslink / Degree of crosslink  
キーワード(4)(和/英) Actuators / Actuators  
キーワード(5)(和/英) Dicumyl peroxide / Dicumyl peroxide  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) Nuchnapa Tangboriboon / Nuchnapa Tangboriboon /
第1著者 所属(和/英) Kasetsart university (略称: Kasetsart Univ.)
Kasetsart University (略称: Kasetsart Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Anchalee Banchong / Anchalee Banchong /
第2著者 所属(和/英) Kasetsart university (略称: Kasetsart Univ.)
Kasetsart University (略称: Kasetsart Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) Saranya Chaisakgreenon / Saranya Chaisakgreenon /
第3著者 所属(和/英) Kasetsart university (略称: Kasetsart Univ.)
Kasetsart University (略称: Kasetsart Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) Nahathai Sornprasarn / Nahathai Sornprasarn /
第4著者 所属(和/英) Kasetsart university (略称: Kasetsart Univ.)
Kasetsart University (略称: Kasetsart Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-11-19 13:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 EMD 
資料番号 IEICE-EMD2009-77 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.287 
ページ範囲 pp.33-36 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-EMD-2009-11-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会