電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-11-19 14:20
Characteristics of Break Arcs Driven by Transverse Magnetic Field in a DC High-voltage Resistive Circuit
Tomohiro AtsumiJunya SekikawaTakayoshi KubonoShizuoka Univ.エレソ技報アーカイブへのリンク:EMD2009-79
抄録 (和) Break arcs are generated between pure silver electrical contacts in a DC high-voltage resistive circuit. The break arc is driven by the external magnetic field of a permanent magnet from horizontal direction of contacts. Electrical contacts are separated at constant opening speed at 75mm/s. The maximum supply voltage is 300V. The maximum circuit current when electrical contacts are closed is 20A. The maximum output power of the supply is limited to 6.3kW. The gap between the contacts and the magnet is defined as x. The gap is varied from 2.5mm to 10.0mm to change the magnetic flux density that affects to the break arc. The break arc is observed with a high-speed camera. The effect of the magnetic field on the arc duration was examined. As a result, break arcs are successfully extinguished by the transverse magnetic field when the gap x is 2.5mm. Increasing the gap x, the effect of the magnet to shorten to arc duration decreased. 
(英) Break arcs are generated between pure silver electrical contacts in a DC high-voltage resistive circuit. The break arc is driven by the external magnetic field of a permanent magnet from horizontal direction of contacts. Electrical contacts are separated at constant opening speed at 75mm/s. The maximum supply voltage is 300V. The maximum circuit current when electrical contacts are closed is 20A. The maximum output power of the supply is limited to 6.3kW. The gap between the contacts and the magnet is defined as x. The gap is varied from 2.5mm to 10.0mm to change the magnetic flux density that affects to the break arc. The break arc is observed with a high-speed camera. The effect of the magnetic field on the arc duration was examined. As a result, break arcs are successfully extinguished by the transverse magnetic field when the gap x is 2.5mm. Increasing the gap x, the effect of the magnet to shorten to arc duration decreased.
キーワード (和) Break arc / Arc discharge / Electrical contact / magnet / High-speed camera / / /  
(英) Break arc / Arc discharge / Electrical contact / magnet / High-speed camera / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 287, EMD2009-79, pp. 41-44, 2009年11月.
資料番号 EMD2009-79 
発行日 2009-11-12 (EMD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

研究会情報
研究会 EMD  
開催期間 2009-11-19 - 2009-11-20 
開催地(和) 日本工業大学 神田キャンパス 
開催地(英) Nippon Institute of Technology, Kanda Campus, Tokyo, Japan 
テーマ(和) IS-EMD2009 (機構デバイス研究会 第9回国際セッション) 
テーマ(英) IS-EMD2009 (9th International Session on Electro-Mechanical Devices) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMD 
会議コード 2009-11-EMD 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Characteristics of Break Arcs Driven by Transverse Magnetic Field in a DC High-voltage Resistive Circuit 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Break arc / Break arc  
キーワード(2)(和/英) Arc discharge / Arc discharge  
キーワード(3)(和/英) Electrical contact / Electrical contact  
キーワード(4)(和/英) magnet / magnet  
キーワード(5)(和/英) High-speed camera / High-speed camera  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 渥美 友裕 / Tomohiro Atsumi / アツミ トモヒロ
第1著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 関川 純哉 / Junya Sekikawa / セキカワ ジュンヤ
第2著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 窪野 隆能 / Takayoshi Kubono / クボノ タカヨシ
第3著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-11-19 14:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 EMD 
資料番号 IEICE-EMD2009-79 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.287 
ページ範囲 pp.41-44 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-EMD-2009-11-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会