電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-11-12 16:10
大規模映像共有サービスのワークロード分析
森 達哉川原亮一長谷川治久下川信祐NTTNS2009-109
抄録 (和) 本研究は,YouTubeやニコニコ動画等に代表される大規模な映像共有サービスのワークロード分析を試みる.はじめに映像共有サービス発のトラヒックフローを検出するためのシンプルで効果的な方法を提案する.鍵となるアイディアは大規模なサーバー・ファームにおける命名則やアドレス割り当てにおける慣習を利用することにある.次に検出したフローを分析し,映像共有サービスのワークロード分析を行う.分析の結果,映像共有サービスにおけるフローサイズ分布に特有な性質を明らかにする.また,この性質は映像共有サービスにおける有料会員に対する差別化サービスの存在に起因することを示す.さらに,この性質が持たらす意味について考察を行う. 
(英) This work attempts to characterize workload of large-scale video sharing services such as YouTube and Smiley videos (Nico Nico Douga). The key technical contributions of this paper are twofold. We first propose a simple and effective methodology that identifies traffic flows originated from video hosting servers. The key idea behind our approach is to leverage the addressing/naming convention used in the large-scale server farms. Next, using the identified video flows, we study the workload of
video sharing services from an Internet edge site view. We reveal the intrinsic characteristics of the flow size distributions of video sharing services, which have not been known before. We show that the origin of the intrinsic characteristics is rooted on the differentiated service provided for free- and premium membership of the video-sharing services.
We also discuss the implications of the intrinsic characteristics of video-sharing services.
キーワード (和) 計測 / 分析 / トラヒック / 映像 / YouTube / フロー / /  
(英) measurement / analysis / traffic / video / YouTube / flow / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 273, NS2009-109, pp. 33-38, 2009年11月.
資料番号 NS2009-109 
発行日 2009-11-05 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2009-109

研究会情報
研究会 CQ NS ICM  
開催期間 2009-11-12 - 2009-11-13 
開催地(和) 金沢工業大学 
開催地(英) Kanazawa Institute of Technology (Ishikawa) 
テーマ(和) 次世代・新世代ネットワークアーキテクチャ,トラヒック計測・制御,サービス品質,ネットワーク管理,一般 
テーマ(英) NGN and NwGN Architecture, Traffic Measurement and Control, Quality of Service, Network Management, general areas 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2009-11-CQ-NS-ICM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 大規模映像共有サービスのワークロード分析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Characterizing workload of large-scale video sharing services 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 計測 / measurement  
キーワード(2)(和/英) 分析 / analysis  
キーワード(3)(和/英) トラヒック / traffic  
キーワード(4)(和/英) 映像 / video  
キーワード(5)(和/英) YouTube / YouTube  
キーワード(6)(和/英) フロー / flow  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 森 達哉 / Tatsuya Mori / モリ タツヤ
第1著者 所属(和/英) NTTサービスインテグレーション基盤研究所 (略称: NTT)
NTT Service Integration Laboratories, (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 川原 亮一 / Ryoichi Kawahara / カワハラ リョウイチ
第2著者 所属(和/英) NTTサービスインテグレーション基盤研究所 (略称: NTT)
NTT Service Integration Laboratories, (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 治久 / Haruhisa Hasegawa / ハセガワ ハルヒサ
第3著者 所属(和/英) NTTサービスインテグレーション基盤研究所 (略称: NTT)
NTT Service Integration Laboratories, (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 下川 信祐 / Shinsuke Shimogawa / シモガワ シンスケ
第4著者 所属(和/英) NTTサービスインテグレーション基盤研究所 (略称: NTT)
NTT Service Integration Laboratories, (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-11-12 16:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2009-109 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.273 
ページ範囲 pp.33-38 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2009-11-05 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会