電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-11-12 09:30
QoSオーバレイネットワーク構成法とその評価
川原亮一亀井 聡上山憲昭長谷川治久吉野秀明NTT)・Eng Keong LuaCarnegie Mellon Univ.)・中尾彰宏東大CQ2009-41
抄録 (和) IP レイヤを変更せずにend-to-end QoS を向上させる技術として,オーバレイネットワークによるルーチング制御が注目されている.最適な経路を探索するにはフルメッシュオーバレイトポロジ上での全経路探索を要するが品質測定コストや経路計算コストの問題が生じる.そこで,これらコストを削減しつつ全経路探索時とほぼ同等のQoS 向上を実現するオーバレイネットワーク構成法について述べる.提案手法は,少数のオーバレイノードが多くの通信ペアに対し最適経路を提供可能であるという実データ分析結果に基づく.上位・下位の2 階層とし,上位層に上述の少数のノードを配置し,上位層内および上位-下位層のノード間にのみ,オーバレイリンクを張る.そうすることで品質測定・経路計算コストを削減しつつ全経路探索時とほぼ同等のQoS 向上を実現する.また,PlanetLab データを用いてその有効性を示す. 
(英) It is known that there exist Triangle Inequality Violations (TIVs) with respect to network Quality of Service (QoS)
metrics such as latency between nodes in the Internet. This motivates the exploitation of QoS-aware routing overlays. To
find an optimal overlay route, we would usually need to examine all the possible overlay routes. However, this requires both
measuring QoS between all node pairs and investigating all the routes in the full-mesh overlay topology, which poses scalability
problem in terms of both measurement cost and route calculation and dissemination cost. We thus propose a method of
constructing a QoS overlay network that enables us to find a near optimal route in a cost-effective manner. Our idea is based
on the finding that a small number of overlay nodes can provide the optimal routes for a large number of node pairs, which
is obtained through measurement data analysis between PlanetLab nodes. Our overlay network has two layers where the upper-
layer consists of such small number of overlay nodes that can provide the optimal routes while the lower-layer consists of
the other overlay nodes. By allocating such overlay nodes at the upper-layer, we can provide better QoS routes for each node
pair with high probability. We construct the overlay network topology where the upper-layer overlay nodes are connected in
full-mesh manner while the lower-layer overlay nodes are not connected in full-mesh but only to upper-layer nodes. Through
this structure, we can reduce measurement and route calculation costs. Using PlanetLab data, we show that our method can
achieve almost the same performance as the optimal solution.
キーワード (和) オーバレイネットワーク / QoS / 経路制御 / / / / /  
(英) overlay network / QoS / routing / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 274, CQ2009-41, pp. 15-20, 2009年11月.
資料番号 CQ2009-41 
発行日 2009-11-05 (CQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CQ2009-41

研究会情報
研究会 CQ NS ICM  
開催期間 2009-11-12 - 2009-11-13 
開催地(和) 金沢工業大学 
開催地(英) Kanazawa Institute of Technology (Ishikawa) 
テーマ(和) 次世代・新世代ネットワークアーキテクチャ,トラヒック計測・制御,サービス品質,ネットワーク管理,一般 
テーマ(英) NGN and NwGN Architecture, Traffic Measurement and Control, Quality of Service, Network Management, general areas 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2009-11-CQ-NS-ICM 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) QoSオーバレイネットワーク構成法とその評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A method of constructing QoS overlay network and its evaluation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) オーバレイネットワーク / overlay network  
キーワード(2)(和/英) QoS / QoS  
キーワード(3)(和/英) 経路制御 / routing  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 川原 亮一 / Ryoichi Kawahara / カワハラ リョウイチ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社NTTサービスインテグレーション基盤研究所 (略称: NTT)
NTT Service Integration Laboratories, NTT Corporation (略称: NTT Corp.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 亀井 聡 / Satoshi Kamei / カメイ サトシ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社NTTサービスインテグレーション基盤研究所 (略称: NTT)
NTT Service Integration Laboratories, NTT Corporation (略称: NTT Corp.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 上山 憲昭 / Noriaki Kamiyama / カミヤマ ノリアキ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社NTTサービスインテグレーション基盤研究所 (略称: NTT)
NTT Service Integration Laboratories, NTT Corporation (略称: NTT Corp.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 治久 / Haruhisa Hasegawa / ハセガワ ハルヒサ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社NTTサービスインテグレーション基盤研究所 (略称: NTT)
NTT Service Integration Laboratories, NTT Corporation (略称: NTT Corp.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉野 秀明 / Hideaki Yoshino / ヨシノ ヒデアキ
第5著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社NTTサービスインテグレーション基盤研究所 (略称: NTT)
NTT Service Integration Laboratories, NTT Corporation (略称: NTT Corp.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) Eng Keong Lua / Eng Keong Lua /
第6著者 所属(和/英) Carnegie Mellon University (略称: Carnegie Mellon Univ.)
Carnegie Mellon University (略称: Carnegie Mellon Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 中尾 彰宏 / Akihiro Nakao / ナカオ アキヒロ
第7著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: The University of Tokyo)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-11-12 09:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 CQ 
資料番号 IEICE-CQ2009-41 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.274 
ページ範囲 pp.15-20 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CQ-2009-11-05 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会