お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-11-06 16:05
CAI自習システムの単語表編集のための2音節中国語声調弁別の困難度の予測規則
劉 松比企静雄早大ET2009-50
抄録 (和) 著者らが開発してきた中国語声調弁別のCAI自習システムで,単語表を適切に編集するために,2音節中国語の声調弁別の困難度を予測する規則について考察した.実測データは,このシステムで収集した日本人大学生の2音節語の四声のすべての組合せの各音節の誤答率である.これを予測するための規則には,1) 2音節語の声調の声の高さのパタンの混同の性質,2) 各音節に含まれる子音と母音の種類による悪影響,3) システムで提示する音声の発声の不明瞭さ,4) 親密さによる困難度の減少などを使った.これらの規則を線形重回帰モデルに適用することによって,実用にするのに十分な予測精度が得られた. 
(英) Predicting rules of difficulty in discriminating bi-syllabic Chinese tones were investigated, in order to compile the word list properly in a CAI self-teaching system developed by the present authors. Observed data were ratio of incorrect answer by Japanese college students for each syllable in bi-syllabic words with all the combinations of the four tones. Rules of predicting the observed data utilized 1) properties of confusion among voice pitch patterns in bi-syllabic tones, 2) ill effects of kinds of consonants and vowels involved in each syllable, 3) unclearness of the utterance of speech presented in the system, and 4) degree of unfamiliarity of the words. By applying these rules to the linear multi-regression model, accuracy of predicting high enough for practical use was obtained.
キーワード (和) 中国語四声 / 声調の弁別 / CAI自習システム / 音響分析 / 困難度予測 / / /  
(英) Chinese four tones / Tonal discrimination / CAI self-teaching system / Acoustical analysis / Predicting difficulty / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 268, ET2009-50, pp. 57-62, 2009年11月.
資料番号 ET2009-50 
発行日 2009-10-30 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ET2009-50

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2009-11-06 - 2009-11-06 
開催地(和) 信州大 
開催地(英) Shinshu Univ. 
テーマ(和) e-Learningと教育品質の保証・向上/一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2009-11-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) CAI自習システムの単語表編集のための2音節中国語声調弁別の困難度の予測規則 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Predicting rules of difficulty in discriminating bi-syllabic Chinese tones for compiling word lists in a CAI self-teaching system 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 中国語四声 / Chinese four tones  
キーワード(2)(和/英) 声調の弁別 / Tonal discrimination  
キーワード(3)(和/英) CAI自習システム / CAI self-teaching system  
キーワード(4)(和/英) 音響分析 / Acoustical analysis  
キーワード(5)(和/英) 困難度予測 / Predicting difficulty  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 劉 松 / Song Liu / リュウ ショウ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 比企 静雄 / Shizuo Hiki / ヒキ シズオ
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-11-06 16:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ET 
資料番号 IEICE-ET2009-50 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.268 
ページ範囲 pp.57-62 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ET-2009-10-30 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会