お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-11-06 14:40
PROVIT:ソフトウェア可視化手法を用いた初心者向けC言語教育ツール
松村和哉渡部治朗寺内 俊Aiguo He会津大ET2009-47
抄録 (和) 本論文では初心者向けC言語プログラミング教育ツール、PROVITの提案と利用、実験結果について述べる。PROVITはソフトウェア可視化技術を利用することでC言語のプログラムソースコードを可視化する。これによってC言語の効率的学習環境を提供し、より深い理解や学習意欲の向上を可能にする。その効果を検証するためにPROVITをC言語プログラミング講座などで利用し、利用者からアンケートを採った。その結果PROVITの評価は良好であったため学習効果の証明となった。 
(英) PROVIT is a C program education tool for programming beginners by software visualization technology. This paper is about the proposition, the usage and its usefulness of PROVIT. PROVIT visualizes C program source code, providing efficient learning environment, good understanding and motivation for learning C programming. For confirming its usability, a C programming course was held using PROVIT and had a questionnaire from users. PROVIT got good feedback by the questionnaire, its learning effect is confirmed.
キーワード (和) C言語 / ソフトウェア可視化 / 教育/学習 / 初心者 / / / /  
(英) C language / Software visualization / Education/Learning / Beginner / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 268, ET2009-47, pp. 41-46, 2009年11月.
資料番号 ET2009-47 
発行日 2009-10-30 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ET2009-47

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2009-11-06 - 2009-11-06 
開催地(和) 信州大 
開催地(英) Shinshu Univ. 
テーマ(和) e-Learningと教育品質の保証・向上/一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2009-11-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) PROVIT:ソフトウェア可視化手法を用いた初心者向けC言語教育ツール 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) PROVIT: A C Program Education Tool for Beginners by Software Visualization 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) C言語 / C language  
キーワード(2)(和/英) ソフトウェア可視化 / Software visualization  
キーワード(3)(和/英) 教育/学習 / Education/Learning  
キーワード(4)(和/英) 初心者 / Beginner  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松村 和哉 / Kazuya Matsumura / マツムラ カズヤ
第1著者 所属(和/英) 会津大学 (略称: 会津大)
University of Aizu (略称: Aizu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡部 治朗 / Haruo Watanabe / ワタナベ ハルオ
第2著者 所属(和/英) 会津大学 (略称: 会津大)
University of Aizu (略称: Aizu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 寺内 俊 / Shun Terauchi / テラウチ シュン
第3著者 所属(和/英) 会津大学 (略称: 会津大)
University of Aizu (略称: Aizu Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) Aiguo He / Aiguo He / Aiguo He
第4著者 所属(和/英) 会津大学 (略称: 会津大)
University of Aizu (略称: Aizu Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-11-06 14:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ET 
資料番号 IEICE-ET2009-47 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.268 
ページ範囲 pp.41-46 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ET-2009-10-30 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会