お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-10-29 14:30
アンモニアによるキトサン不溶化 ~ 不溶化の検討 ~
田中康平長倉俊明阪電通大)・吉田直浩稲田一樹兵庫県立大)・薄 雄斗阪大)・山田 章岡山大)・池内真志生田幸士名大MBE2009-58
抄録 (和) キトサンは、生分解性高分子で生体適合性があり、さらに資源枯渇の可能性が低い素材である。本研究では浸透圧バルブのために、アンモニアによるキトサンの不溶化方法を検討し、透過膜とアスペクト比の高い構造体が作成可能となった。その物理化学特性と強度を評価したので報告する。 
(英) The chitosan is biocompatiblie and resolvable molecule. Furthermore, This material is large quantities of natural resources. So we study that the insolubilization method of the chitosan by the ammonia for osmotic valve. We can make permeable membrane and housing structure in high aspect ratio from chitosan. And we estimated that the strength of this materials and the permeability function of membrane. We report about this investigation.
キーワード (和) キトサン / 浸透圧バルブ / 糖尿病 / 不溶化 / 血糖値 / 浸透圧 / /  
(英) Chitosan / Osmotic valve / Diabetes / Insolubilization / Blood sugar / Osmotic pressure / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 258, MBE2009-58, pp. 21-24, 2009年10月.
資料番号 MBE2009-58 
発行日 2009-10-22 (MBE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MBE2009-58

研究会情報
研究会 MBE  
開催期間 2009-10-29 - 2009-10-29 
開催地(和) 大阪電気通信大学 
開催地(英) Osaka Electro-Communication University 
テーマ(和) ME一般 
テーマ(英) ME in general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MBE 
会議コード 2009-10-MBE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) アンモニアによるキトサン不溶化 
サブタイトル(和) 不溶化の検討 
タイトル(英) Insolubilization of Chitosan by Ammonia 
サブタイトル(英) Study of Insolubilization 
キーワード(1)(和/英) キトサン / Chitosan  
キーワード(2)(和/英) 浸透圧バルブ / Osmotic valve  
キーワード(3)(和/英) 糖尿病 / Diabetes  
キーワード(4)(和/英) 不溶化 / Insolubilization  
キーワード(5)(和/英) 血糖値 / Blood sugar  
キーワード(6)(和/英) 浸透圧 / Osmotic pressure  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 康平 / Kouhei Tanaka / タナカ コウヘイ
第1著者 所属(和/英) 大阪電気通信大学 (略称: 阪電通大)
Osaka Electro-communication (略称: Osaka Electro-Comm.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 長倉 俊明 / Toshiaki Nagakura / ナガクラ トシアキ
第2著者 所属(和/英) 大阪電気通信大学 (略称: 阪電通大)
Osaka Electro-communication (略称: Osaka Electro-Comm.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 直浩 / Naohiro Yosida / ヨシダ ナオヒロ
第3著者 所属(和/英) 兵庫県立大学大学院応用情報科学研究科 (略称: 兵庫県立大)
University Hyogo (略称: Univ Hyogo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 稲田 一樹 / Kazuki Inada / イナダ カズキ
第4著者 所属(和/英) 兵庫県立大学大学院応用情報科学研究科 (略称: 兵庫県立大)
University Hyogo (略称: Univ Hyogo)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 薄 雄斗 / Yuto Susuki / ススキ ユウト
第5著者 所属(和/英) 大阪大学大学院医学系研究科保険学専攻 (略称: 阪大)
Osaka University Graduate School of Medicine (略称: Osaka Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 章 / Akira Yamada / ヤマダ アキラ
第6著者 所属(和/英) 岡山大学大学院 (略称: 岡山大)
Okayama University Graduate Schoolo of Medicine (略称: Okayama Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 池内 真志 / Masashi Ikeuchi / イケウチ マサシ
第7著者 所属(和/英) 名古屋大学大学院 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 生田 幸士 / Kouji Ikuta / イクタ コウジ
第8著者 所属(和/英) 名古屋大学大学院 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-10-29 14:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MBE 
資料番号 IEICE-MBE2009-58 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.258 
ページ範囲 pp.21-24 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-MBE-2009-10-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会