電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-10-29 10:55
自己回帰モデルを用いた呼吸音解析システム
山田和広阪大)・黒田知宏京大医学部附属病院)・井村誠孝黒田嘉宏鍵山善之阪大)・村上佳津美近畿大医学部堺病院)・土生川千珠南和歌山医療センター)・和田成生大城 理阪大MBE2009-54
抄録 (和) 本研究では、電子聴診器により取得した呼吸音に対して自己回帰モデルに基づく解析を行い、正常呼吸音の自己回帰パラメータを逆フィルタとして適用した残差信号に対して閾値処理を施すことで、呼吸音中の副雑音を検出する手法を提案した。また、提案手法を用いて取得部、処理部、表示部で構成するシステムを試作した。試作システムによって喘息患者の呼吸音データを解析した結果、副雑音が生じている区間を検出できることが確認された。 
(英) In this study, the authors conducted analysis of respiratory sound obtained via electronic stethoscope based on Auto-Regressive(AR) model. Proposal method extract adventitious sounds from respiratory sounds through threshold processing for residual signal which was applied inverse filter of AR parameter of normal respiratory sound. The authors made prototype of system consist of obtaining unit, processing unit, and displaying unit. Result from analysis of respiratory sounds of wheeze patients revealed that prototype can extract adventitious sound segments.
キーワード (和) 自己回帰モデル / 残差信号 / 副雑音検出 / / / / /  
(英) Auto-Regressive Model / Residual Signal / Adventitious Sound Detection / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 258, MBE2009-54, pp. 5-8, 2009年10月.
資料番号 MBE2009-54 
発行日 2009-10-22 (MBE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MBE2009-54

研究会情報
研究会 MBE  
開催期間 2009-10-29 - 2009-10-29 
開催地(和) 大阪電気通信大学 
開催地(英) Osaka Electro-Communication University 
テーマ(和) ME一般 
テーマ(英) ME in general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MBE 
会議コード 2009-10-MBE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 自己回帰モデルを用いた呼吸音解析システム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Respiratory Sound Analyzing System based on Auto-Regressive Model 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 自己回帰モデル / Auto-Regressive Model  
キーワード(2)(和/英) 残差信号 / Residual Signal  
キーワード(3)(和/英) 副雑音検出 / Adventitious Sound Detection  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 和広 / Kazuhiro Yamada / ヤマダ カズヒロ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 黒田 知宏 / Tomohiro Kuroda / クロダ トモヒロ
第2著者 所属(和/英) 京都大学医学部附属病院 (略称: 京大医学部附属病院)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 井村 誠孝 / Masataka Imura / イムラ マサタカ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 黒田 嘉宏 / Yoshihiro Kuroda / クロダ ヨシヒロ
第4著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 鍵山 善之 / Yoshiyuki Kagiyama / カギヤマ ヨシユキ
第5著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 村上 佳津美 / Katsumi Murakami / ムラカミ カツミ
第6著者 所属(和/英) 近畿大学医学部堺病院 (略称: 近畿大医学部堺病院)
Kinki University (略称: Kinki Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 土生川 千珠 / Chizu Habukawa / ハブカワ チズ
第7著者 所属(和/英) 南和歌山医療センター (略称: 南和歌山医療センター)
Minami-Wakayama Medical Center (略称: Minami-Wakayama Medical Center)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 和田 成生 / Shigeo Wada / ワダ シゲオ
第8著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) 大城 理 / Osamu Oshiro / オオシロ オサム
第9著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-10-29 10:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MBE 
資料番号 IEICE-MBE2009-54 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.258 
ページ範囲 pp.5-8 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-MBE-2009-10-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会