電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-10-23 11:00
Opportunistic Listeningを確立するARQを用いた選択型協調中継通信
ナンダ リン慶大)・田久 修東京理科大)・安達宏一中川正雄慶大SR2009-63 AN2009-33 USN2009-36
抄録 (和) 本稿では,自動再送要求(ARQ)を用いる選択型協調通信システムの提案を行い,そのエンド・ツー・エンドの誤り率特性に関する理論検討を行う.検討するシステムでは,目的局へと送信局が直接通信できない状況を想定し,両局間に存在するリレー局が中継を行うことによって通信リンクを確立する.そのため,送信局と目的局間には,送信局・リレー局間チャネルとリレー局・目的局間チャネルの2つのチャネルが存在することになる.リレー局・目的局間では,リレー局の選択を行うこととする.送信局からの信号を正しく受信されたリレー局の中で,目的局とのチャネル状態の最も良いものが中継を行う.その際,電波の等方性を利用して,送信局からの受信信号が誤りとなっていたリレー局も受信を行う.それにより,リレー局目的局間でARQを行う際のリレー局選択時の自由度が増大する.結果として,再送時には初回中継の中継局とは異なる中継局が選択される可能性が高まり,空間ダイバーシチ利得の獲得へとつながる.本稿では,そのような特性を用いた選択型協調通信の誤り率特性を理論的に導出し,その妥当性を計算機シミュレーションにより確認している. 
(英) In this paper, we present a practically feasible cooperative HARQ with relay selection that exploits inter-relay transmissions. We first introduced this scheme in our previous report [8]. In [8], we derived theoretical expressions for error-rate performance of the system and analytical results were verified by the simulated results. In this report, we provide further results from [8]; such as performance comparisons with the existing related schemes and performance with different relay positions. In the system under consideration, the source node is located beyond the coverage of the destination node. The relay nodes assist to establish a communication link between the source and the destination. Therefore, the end-to-end transmission channel has two independent parts: source-relay and relay-destination channel. Among the relays that receive the signal from the source correctly, the one whose relay-destination channel has the largest channel gain transmits to the destination. We employ a low overhead distributed relay selection technique. Exploiting the broadcast nature of the wireless channel, the relays with errors can opportunistically listen (OL) to the transmitted signal from a relay without error to combine with their erroneous received signals. Consequently, these relay nodes originally with erroneous received signals may be able to decode the signals successfully due to the obtained spatial diversity. This results in the increase in degree of freedom in relay selection for retransmission by ARQ in relay-destination channel. Thus the relay node selected for retransmission may be different from that selected for initial relay transmission, achieving spatial diversity gain.
キーワード (和) 協調通信 / opportunistic listening / 空間ダイバーシチ / リレー選択 / / / /  
(英) cooperative HARQ / opportunistic listening / spatial diversity / relay selection / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 246, SR2009-63, pp. 79-85, 2009年10月.
資料番号 SR2009-63 
発行日 2009-10-15 (SR, AN, USN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SR2009-63 AN2009-33 USN2009-36

研究会情報
研究会 SR AN USN  
開催期間 2009-10-22 - 2009-10-23 
開催地(和) 東北大学 
開催地(英) Tohoku Univ. 
テーマ(和) 無線分散ネットワーク,一般 
テーマ(英) Wireless distributed network, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2009-10-SR-AN-USN 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) Opportunistic Listeningを確立するARQを用いた選択型協調中継通信 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance of Cooperative HARQ with Relay Selection that Exploits Inter-relay Opportunistic Listening 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 協調通信 / cooperative HARQ  
キーワード(2)(和/英) opportunistic listening / opportunistic listening  
キーワード(3)(和/英) 空間ダイバーシチ / spatial diversity  
キーワード(4)(和/英) リレー選択 / relay selection  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) ナンダ リン / Nandar Lynn / ナンダ リン
第1著者 所属(和/英) 慶応義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 田久 修 / Osamu Takyu / タキュウ オサム
第2著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 安達 宏一 / Koichi Adachi / アダチ コウイチ
第3著者 所属(和/英) 慶応義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 中川 正雄 / Masao Nakagawa / ナカガワ マサオ
第4著者 所属(和/英) 慶応義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-10-23 11:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2009-63,IEICE-AN2009-33,IEICE-USN2009-36 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.246(SR), no.247(AN), no.248(USN) 
ページ範囲 pp.79-85(SR), pp.71-77(AN), pp.53-59(USN) 
ページ数 IEICE-7 
発行日 IEICE-SR-2009-10-15,IEICE-AN-2009-10-15,IEICE-USN-2009-10-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会