電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-10-23 14:40
Active Appearance Modelによる母音認識手法の提案
奥村 翔福水洋平山内寛紀立命館大PRMU2009-90
抄録 (和) 現在、キーボードに代わる新たな入力手法として音声認識が注目されている。
音声による入力はキーボードに比べて容易であり、特別な練習をする必要がないという利点がある。
しかし、音声認識は周囲の環境雑音の影響を受けやすく、誤認識が多いという欠点がある。
そこで、ノイズに頑健な音声認識を実現するためにActive Appearance Modelを用いて顔画像から母音を識別する手法を提案した。
結果として、五つの母音と撥音「ん」の計六音に対し、87.3%の認識成功率が得られた。 
(英) Currently, a voice recognition system attracts attention as a new input method to replace keyboards.
Since a voice input system requires no effort and also no special practice, while keyboards do.
However, a voice as an acoustic signal degrades under the existence of environmental noise, thus a voice recognition system cannot often recognize a dialogue.
To realize robust voice recognition, we propose a vowel recognition method using Active Appearance Model.
As an experimental result, our system demonstrates the recognition rate of 87.3% to the five vowels and the syllabic nasal.
キーワード (和) 発話認識 / Active Appearance Model(AAM) / 口形状認識 / / / / /  
(英) voice recognition / Active Appearance Model(AAM) / oral shape recognition / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 249, PRMU2009-90, pp. 109-114, 2009年10月.
資料番号 PRMU2009-90 
発行日 2009-10-15 (PRMU) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PRMU2009-90

研究会情報
研究会 PRMU  
開催期間 2009-10-22 - 2009-10-23 
開催地(和) 広島大 
開催地(英) Hiroshima Univ. 
テーマ(和) 光と色の解析・表現とその応用 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2009-10-PRMU 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Active Appearance Modelによる母音認識手法の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Vowel Recognition Method Using Active Appearance Model 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 発話認識 / voice recognition  
キーワード(2)(和/英) Active Appearance Model(AAM) / Active Appearance Model(AAM)  
キーワード(3)(和/英) 口形状認識 / oral shape recognition  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 奥村 翔 / Sho Okumura / オクムラ ショウ
第1著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 福水 洋平 / Yohei Fukumizu / フクミズ ヨウヘイ
第2著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山内 寛紀 / Hironori Yamauchi / ヤマウチ ヒロノリ
第3著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-10-23 14:40:00 
発表時間 30 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-PRMU2009-90 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.249 
ページ範囲 pp.109-114 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PRMU-2009-10-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会