電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-10-23 15:30
ネットワーク符号を用いた双方向マルチホップ中継ネットワークの試作
水谷圭一東工大)・宮本健宏菅野崇理日本電業工作)・阪口 啓荒木純道東工大SR2009-70 AN2009-40 USN2009-43
抄録 (和) 近年,複数の無線中継ノードを配置して各ノード間に無線リンクを張ることによって無線ネットワークを構築する無線マルチホップ中継ネットワークが注目を集めており,センサネットワークやユーティリティネットワークなどへの応用が期待されている.しかしマルチホップ中継を行うことによりそのスループットは低下してしまう.そこでネットワーク符号を用いて双方向フローを多重化することによりスループットの改善を図る手法が提案されている.本稿ではネットワーク符号を用いた双方向マルチホップ中継ネットワークを,950MHz帯コグニティブ中継ノードを複数用いて試作した.またネットワーク内の端末における送受状態のタイムスロットを適切に管理する,双方向マルチホップ中継ネットワークのためのネットワーク同期手法を実装したので合わせて報告する. 
(英) Wireless multi-hop relay networks have advantages such as robustness and flexibility over conventional fixed networks.
Particularly, TDD/TDMA two-way multi-hop relay networks, such as MIMO two-way multi-hop relay networks and MIMO network coding based two-way multi-hop relay networks, have high network capacity and have been receiving much attention. In this paper, a hardware prototype for a MIMO network coding based multi-channel two-way multi-hop relay network at the 950MHz band is developed. In the network, the nodes transmit and receive using TDD. The receiver receives OFDM signals from two neighboring transmitters simultaneously using MIMO technology. Furthermore, to synchronize the receive and transmit timing, network synchronization scheme for two-way multi-hop relay networks is implemented.
キーワード (和) 双方向マルチホップ中継ネットワーク / MIMOネットワーク符号 / 950MHz帯 / OFDM / / / /  
(英) Two-way multi-hop relay network / MIMO network coding / 950MHz band / OFDM / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 246, SR2009-70, pp. 127-133, 2009年10月.
資料番号 SR2009-70 
発行日 2009-10-15 (SR, AN, USN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SR2009-70 AN2009-40 USN2009-43

研究会情報
研究会 SR AN USN  
開催期間 2009-10-22 - 2009-10-23 
開催地(和) 東北大学 
開催地(英) Tohoku Univ. 
テーマ(和) 無線分散ネットワーク,一般 
テーマ(英) Wireless distributed network, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2009-10-SR-AN-USN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ネットワーク符号を用いた双方向マルチホップ中継ネットワークの試作 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Hardware Prototype for Two-way Multi-hop Relay Network with Network Coding 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 双方向マルチホップ中継ネットワーク / Two-way multi-hop relay network  
キーワード(2)(和/英) MIMOネットワーク符号 / MIMO network coding  
キーワード(3)(和/英) 950MHz帯 / 950MHz band  
キーワード(4)(和/英) OFDM / OFDM  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 水谷 圭一 / Keiichi Mizutani / ミズタニ ケイイチ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮本 健宏 / Takehiro Miyamoto / ミヤモト タケヒロ
第2著者 所属(和/英) 日本電業工作株式会社 (略称: 日本電業工作)
Nihon Dengyo Kosaku Co., Ltd. (略称: Nihon Dengyo Kosaku Co., Ltd.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 菅野 崇理 / Takamichi Kanno / カンノ タカミチ
第3著者 所属(和/英) 日本電業工作株式会社 (略称: 日本電業工作)
Nihon Dengyo Kosaku Co., Ltd. (略称: Nihon Dengyo Kosaku Co., Ltd.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 阪口 啓 / Kei Sakaguchi / サカグチ ケイ
第4著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 荒木 純道 / Kiyomichi Araki / アラキ キヨミチ
第5著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-10-23 15:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2009-70,IEICE-AN2009-40,IEICE-USN2009-43 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.246(SR), no.247(AN), no.248(USN) 
ページ範囲 pp.127-133(SR), pp.119-125(AN), pp.101-107(USN) 
ページ数 IEICE-7 
発行日 IEICE-SR-2009-10-15,IEICE-AN-2009-10-15,IEICE-USN-2009-10-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会