電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-10-23 16:20
スペクトル共用のための自己組織的干渉制御手法の検討 ~ 少数派ゲームを用いたアプローチ ~
木村和也山本高至村田英一吉田 進京大SR2009-72 AN2009-42 USN2009-45
抄録 (和) 複数無線システム間のスペクトル共用を想定し,高優先度システムにおける干渉雑音電力情報を元に,低優先度システムの無線局群が高優先度システムへの干渉を集中制御によらず自己組織的に制御する手法が提案されている.低優先度システムが高優先度システムから離れた場所で周波数を空間的に再利用する場合,単一の送信であれば干渉が許容範囲内であったとしても,複数の無線局が同時に送信を行えば大きな干渉を与える可能性がある.このため,低優先度システムの送信局は高優先度システムからの情報を元に,高優先度システムの受信局における干渉雑音電力があらかじめ定められた目標値に近づくように送信の可否を決定する.このように二者択一の行動の決定を行い,その結果を元に学習が繰り返される状況をモデル化するものとして,少数派ゲーム(MG: Minority Game)が挙げられる.少数派ゲームでは,各エージェントは互いに相談せず,また他エージェント数に関する情報なしに利己的に行動するにもかかわらず,学習によって少数派と多数派が均衡するように行動の決定を繰り返すことが知られている.本稿では,この少数派ゲームの特徴を利用した自己組織的な干渉制御手法としてMGIM(MG-based Interference Management)が提案されている.少数派ゲームにおける勝敗は同じ行動を取るエージェント数で決まるのに対し,MGIMでは高優先度システムの受信局における干渉雑音電力と目標値との関係により決められる.計算機シミュレーションの結果,提案手法により高優先度システムへの干渉を目標値前後に制御しつつ,低優先度システムの送信機会を高められることが明らかにされている. 
(英) A novel self-organized interference management framework for spectrum sharing among multiple wireless systems is proposed. When a low-priority system reuses the shared frequency band spatially, multiple simultaneous transmissions in the low-priority system may cause serious interference to a high-priority system. Therefore, transmitters of the low-priority system must learn to decide whether to transmit or not so that the interference plus noise level at the receiver of the high-priority system is closed to a predefined target value. This form of cognition cycle can be modeled by using a minority game (MG). Agents in the MG choose one of two actions so as to be in the minority side. It is known that the number of agents in the minority side converges to the half number of agents despite their selfish behavior without any information on the number of other agents. In the present paper, the MG-based interference management (MGIM) is proposed in order to manage interference at the high-priority system. In the MGIM, the winner side is determined by the relationship between the interference plus noise level at the receiver of the high-priority system and the predefined target value. Simulation results reveal that the MGIM can achieve high transmission capability of the low-priority system even without centralized control while maintaining the interference level at the receiver of the high-priority system.
キーワード (和) スペクトル共有 / 少数派ゲーム / 自己組織化 / 干渉制御 / 学習 / / /  
(英) spectrum sharing / minority game / self-organization / interference management / learning / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 246, SR2009-72, pp. 141-146, 2009年10月.
資料番号 SR2009-72 
発行日 2009-10-15 (SR, AN, USN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SR2009-72 AN2009-42 USN2009-45

研究会情報
研究会 SR AN USN  
開催期間 2009-10-22 - 2009-10-23 
開催地(和) 東北大学 
開催地(英) Tohoku Univ. 
テーマ(和) 無線分散ネットワーク,一般 
テーマ(英) Wireless distributed network, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2009-10-SR-AN-USN 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) スペクトル共用のための自己組織的干渉制御手法の検討 
サブタイトル(和) 少数派ゲームを用いたアプローチ 
タイトル(英) Study of Self-organized Interference Management for Spectrum Sharing 
サブタイトル(英) Minority Game-based Approach 
キーワード(1)(和/英) スペクトル共有 / spectrum sharing  
キーワード(2)(和/英) 少数派ゲーム / minority game  
キーワード(3)(和/英) 自己組織化 / self-organization  
キーワード(4)(和/英) 干渉制御 / interference management  
キーワード(5)(和/英) 学習 / learning  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 木村 和也 / Kazuya Kimura / キムラ カズヤ
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 高至 / Koji Yamamoto / ヤマモト コウジ
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 村田 英一 / Hidekazu Murata / ムラタ ヒデカズ
第3著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 進 / Susumu Yoshida / ヨシダ ススム
第4著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-10-23 16:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2009-72,IEICE-AN2009-42,IEICE-USN2009-45 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.246(SR), no.247(AN), no.248(USN) 
ページ範囲 pp.141-146(SR), pp.133-138(AN), pp.115-120(USN) 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SR-2009-10-15,IEICE-AN-2009-10-15,IEICE-USN-2009-10-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会