電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-10-22 11:00
主成分分析による化粧品ファンデーションの反射解析とその応用
森内優介堀内隆彦富永昌治千葉大PRMU2009-73
抄録 (和) 本研究では,ファンデーション塗布肌の分光反射特性を詳細に解析して分光反射率を推定し,それをレンダリングに応用することを目的としている.本稿では,ます化粧品ファンデーションの表面反射特性とその特徴を述べた後,既存の物理反射モデルであるCook-Torranceモデルを用いて,試料の反射特性の適合を試みる.そして,より詳細に試料の分光反射特性を表現する手法として,主成分分析に基づいたPCA手法を提案する.提案手法を用いることによって,化粧品ファンデーションの変角分光反射特性を,主成分とその重み係数,および試料の拡散反射成分である分光反射率を用いて高精度に推定することができる.推定した分光反射特性と3次元形状データを用いて,CGにてファンデーション塗布肌を再現し,視覚的にもその推定精度を検証する. 
(英) The present paper describes the detailed analysis of the spectral reflection properties of skin surface with make-up foundation based on two approaches of a physical model using the Cook-Torrance model and a statistical approach using the PCA. First, we show how the surface-spectral reflectances changed with the observation conditions of light incidence and viewing, and also the material compositions. Second, the Cook-Torrance model is used for describing the complicated reflectance curves by a small number of parameters. Third, the PCA method is presented the observed spectral reflectances analysis. Using the PCA method, the spectral estimation is then reduced to a simple computation using the diffuse reflectance, some principal components, and the weighting coefficients. Finally, the feasibility of the two methods is examined in experiments. The PCA method performs reliable spectral reflectance estimation for the skin surface from a global point of view, compared with the model-based method.
キーワード (和) 分光反射率解析 / 色再現 / レンダリング / 化粧品ファンデーション / / / /  
(英) Spectral reflectance analysis / Color reproduction / Image rendering / Cosmetic foundation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 249, PRMU2009-73, pp. 13-18, 2009年10月.
資料番号 PRMU2009-73 
発行日 2009-10-15 (PRMU) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PRMU2009-73

研究会情報
研究会 PRMU  
開催期間 2009-10-22 - 2009-10-23 
開催地(和) 広島大 
開催地(英) Hiroshima Univ. 
テーマ(和) 光と色の解析・表現とその応用 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2009-10-PRMU 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 主成分分析による化粧品ファンデーションの反射解析とその応用 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) PCA-based Reflectance Analysis of Cosmetic Foundation and its Application 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 分光反射率解析 / Spectral reflectance analysis  
キーワード(2)(和/英) 色再現 / Color reproduction  
キーワード(3)(和/英) レンダリング / Image rendering  
キーワード(4)(和/英) 化粧品ファンデーション / Cosmetic foundation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 森内 優介 / Yusuke Moriuchi / モリウチ ユウスケ
第1著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀内 隆彦 / Takahiko Horiuchi / ホリウチ タカヒコ
第2著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 富永 昌治 / Shoji Tominaga / トミナガ ショウジ
第3著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-10-22 11:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-PRMU2009-73 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.249 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PRMU-2009-10-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会