電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-10-22 13:00
視線追跡を利用したカラー画像の画質改善システム
大寺 亮堀内隆彦富永昌治千葉大PRMU2009-74
抄録 (和) 本稿では,ユーザの視線を追跡することによって,ディスプレイ上の視点の周辺を高速に画質改善するシステムを提案する.提案システムは,眼球の動きを撮影する単眼ビデオカメラとGPUを搭載した計算機から構成される.アルゴリズムは,ディスプレイ上の視点を高速に検出する視線検出部と,視点周辺の局所領域を高速に画質改善する画像処理部からなる.本研究では,画質改善手法としてRetinexモデルに着目した.一般に,Retinexモデルは演算コストが高く実時間処理が困難な方法であるが,提案システムではアルゴリズムの改善とGPUを利用した並列処理によって,これを解決した.評価実験によって,提案するシステムの有効性を検証する. 
(英) This report presents a high-speed image quality improvement system for digital color images around a user’s eyegaze point on a display. The proposed system is constructed by a monocular video camera for tracking eyegaze and a personal computer with GPU. The proposed algorithm consists of the eyegaze detection stage and the image processing stage. As the image improvement algorithm, this study focuses on the Retinex model. In general, the Retinex has the disadvantage for the expensive computational cost. In this report, the problem is solved by improving the algorithm and parallel processing using the GPU. The feasibility of the proposed system is verified by experiments.
キーワード (和) 画質改善 / 視線追跡 / レチネックス / GPU / / / /  
(英) Image Improvement / Eyegaze Tracking / Retinex / GPU / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 249, PRMU2009-74, pp. 19-24, 2009年10月.
資料番号 PRMU2009-74 
発行日 2009-10-15 (PRMU) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PRMU2009-74

研究会情報
研究会 PRMU  
開催期間 2009-10-22 - 2009-10-23 
開催地(和) 広島大 
開催地(英) Hiroshima Univ. 
テーマ(和) 光と色の解析・表現とその応用 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2009-10-PRMU 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 視線追跡を利用したカラー画像の画質改善システム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Image Quality Improvement System of Color Images by Using Eyegaze Tracking Interface 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 画質改善 / Image Improvement  
キーワード(2)(和/英) 視線追跡 / Eyegaze Tracking  
キーワード(3)(和/英) レチネックス / Retinex  
キーワード(4)(和/英) GPU / GPU  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大寺 亮 / Ryo Ohtera / オオテラ リョウ
第1著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀内 隆彦 / Takahiko Horiuchi / ホリウチ タカヒコ
第2著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 富永 昌治 / Shoji Tominaga / トミナガ ショウジ
第3著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-10-22 13:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-PRMU2009-74 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.249 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PRMU-2009-10-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会