電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-10-22 09:15
マルチチャネルトランスオーラル方式における俯角方向の音像定位精度
田中勇気穗刈治英島田正治長岡技科大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本報告では,3/2方式マルチチャネル再生系における俯角方向の音像定位の実現を目的とした.
まず,従来のトランスオーラル手法を用い,音源の提示方向を俯角,方位角の計12方向とした場合,
実音源と仮想音源から両耳までのインパルス応答の再現精度を確認するため,
その正規化二乗誤差が-15dB以下であることを確認した.
次に,音像定位受聴試験を行い,俯角が20°以上で,音像定位の分散値が大きくなり,
音像定位精度が実音源でも仮想音源でも低下し,
有意差検定からも,実音源と仮想音源に差が生じることがわかった.
最後に,床反射による音像定位位置への影響を調べた.
その結果,鏡像法によって生成した仮想音源と実際の音源位置から生成した仮想音源の有意差検定結果に有意差は無く,
床反射による鏡像法は有効であることがわかった. 
(英) This report studies the impact of depression angles on the sound localization accuracy of a multichannel system implemented using the 3/2 loudspeaker arrangement.
First, the traditional transaural method was used to confirm the discrepancy in impulse responses between real and virtual sound sources.
The normalized square errors were less than -15dB on twelve presented sound source directions, which included depression and azimuth angles.
Next, listening tests for sound localization were performed.
The results showed that the virtual source yielded greater variance in sound localization values
and worse sound localization accuracy than the real source at depression angles greater than 20 degrees.
The same results were obtained from significant difference tests.
Last, we confirmed that using the mirror image method to account for floor reflection was effective;
it allowed the virtual sound locations to basically match the real source locations.
キーワード (和) 俯角 / 音像定位 / トランスオーラル / 3/2方式 / 床反射 / 鏡像法 / /  
(英) depression angle / sound localization / transaural method / 3/2 loudspeaker arrangement / floor reflection / mirror image method / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 240, EA2009-56, pp. 1-6, 2009年10月.
資料番号 EA2009-56 
発行日 2009-10-15 (EA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 EA  
開催期間 2009-10-22 - 2009-10-23 
開催地(和) 長岡技科大 
開催地(英)  
テーマ(和) 一般(応用/電気音響) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2009-10-EA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) マルチチャネルトランスオーラル方式における俯角方向の音像定位精度 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Sound localization accuracy versus depression angle in multichannel reproduction system 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 俯角 / depression angle  
キーワード(2)(和/英) 音像定位 / sound localization  
キーワード(3)(和/英) トランスオーラル / transaural method  
キーワード(4)(和/英) 3/2方式 / 3/2 loudspeaker arrangement  
キーワード(5)(和/英) 床反射 / floor reflection  
キーワード(6)(和/英) 鏡像法 / mirror image method  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 勇気 / Yuuki Tanaka / タナカ ユウキ
第1著者 所属(和/英) 長岡技術科学大学 (略称: 長岡技科大)
Nagaoka University of Technology (略称: Nagaoka Univ. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 穗刈 治英 / Haruhide Hokari / ホカリ ハルヒデ
第2著者 所属(和/英) 長岡技術科学大学 (略称: 長岡技科大)
Nagaoka University of Technology (略称: Nagaoka Univ. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 島田 正治 / Shoji Shimada / シマダ ショウジ
第3著者 所属(和/英) 長岡技術科学大学 (略称: 長岡技科大)
Nagaoka University of Technology (略称: Nagaoka Univ. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-10-22 09:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2009-56 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.240 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2009-10-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会