電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-10-22 14:20
微気象ネットワークセンシングの実際:群馬県館林市の例
高木篤大菅生啓示石田泰之森田達也東京電機大)・岩本健嗣富山県立大/JST)・蔵田英之日本気象協会)・○戸辺義人東京電機大/JSTUSN2009-30
抄録 (和) 環境測定を目的とした無線マルチホップセンサネットワークが提唱されて10年以上経過している.しかし多くの場合,プライベート管理下にある組織内での実験がされていて,街中に展開した適用例は少ない.我々は,2009年7月に,熱中症対策に力を入れる群馬県館林市にIEEE802.15.4無線マルチホップ微気象センサネットワークを構築した.本システムは今後2年間の連続運用に入った.本稿では,計画,設置,運用の各段階での経験と知見とを述べ,今後の同様のシステム構築時の指針を記す. 
(英) The wireless multi-hop sensor network for environment monitoring was proposed more than ten years ago. However, the most systems were investigated in a privately-controlled community and few systems were examined in the local-government urban environment.In this study, we installed an IEEE 802.15.4 wireless multi-hop sensor network to Tatebayashi City, Gumma Prefecture, where anti-hyperthermia is focused on. The installed system is planned to be in operation until mid 2011. In this paper, we describe our experience and acquired knowledge in planning, installation, and operation and advices for the future planning.
キーワード (和) 微気象 / センサネットワーク / IEEE802.15.4 / / / / /  
(英) Micro Climate / Sensor Network / IEEE802.15.4 / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 248, USN2009-30, pp. 13-18, 2009年10月.
資料番号 USN2009-30 
発行日 2009-10-15 (USN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード USN2009-30

研究会情報
研究会 SR AN USN  
開催期間 2009-10-22 - 2009-10-23 
開催地(和) 東北大学 
開催地(英) Tohoku Univ. 
テーマ(和) 無線分散ネットワーク,一般 
テーマ(英) Wireless distributed network, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 USN 
会議コード 2009-10-SR-AN-USN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 微気象ネットワークセンシングの実際:群馬県館林市の例 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Practical Implementation of Micro-Climate Networked Sensing: Case at Tatebayashi City, Gumma 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 微気象 / Micro Climate  
キーワード(2)(和/英) センサネットワーク / Sensor Network  
キーワード(3)(和/英) IEEE802.15.4 / IEEE802.15.4  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高木 篤大 / Atsuhiro Takagi / タカギ アツヒロ
第1著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 菅生 啓示 / Keiji Sugo / スゴウ ケイジ
第2著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 石田 泰之 / Yasuyuki Ishida / イシダ ヤスユキ
第3著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 森田 達也 / Tatsuya Morita / モリタ タツヤ
第4著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩本 健嗣 / Takeshi Iwamoto / イワモト タケシ
第5著者 所属(和/英) 富山県立大学/科学技術振興機構 (略称: 富山県立大/JST)
Toyama Prefectural University/JST CREST (略称: Toyama Pref. Univ./JST)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 蔵田 英之 / Hideyuki Kurata / クラタ ヒデユキ
第6著者 所属(和/英) 日本気象協会 (略称: 日本気象協会)
Japan Weather Association (略称: JWA)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 戸辺 義人 / Yoshito Tobe / トベ ヨシト
第7著者 所属(和/英) 東京電機大学/科学技術振興機構 (略称: 東京電機大/JST)
Tokyo Denki University/JST CREST (略称: Tokyo Denki Univ./JST)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-10-22 14:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 USN 
資料番号 IEICE-USN2009-30 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.248 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-USN-2009-10-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会