電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-10-22 11:10
On the Investigation of MAC Protocols for Distributed Sensing
Chen SunYohannes D. AlemsegedHa Nguyen TranHiroshi HaradaNICTSR2009-55
抄録 (和) In our previous study we have compared the selective sensing scheme with the collaborative sensing scheme in the physical (PHY) layer. In this paper we investigate the effect of the media access control (MAC) layer design on the performance of the distributed sensing schemes. The collaborative sensing scheme requires less time slots for completing distributed sensing. Whereas the extra time slots are consumed by the selective sensing scheme to exchange soft sensing information. If the same total time duration is assigned to both schemes. The collaborative sensing scheme can choose to employ more time duration for sensing or more time for reporting sensing information to the PU. In a typical scenario, by increasing the number of bits for reporting sensing information, the collaborative sensing scheme can improve the detection probability from 0.56 to 0.7. 
(英) In our previous study we have compared the selective sensing scheme with the collaborative sensing scheme in the physical (PHY) layer. In this paper we investigate the effect of the media access control (MAC) layer design on the performance of the distributed sensing schemes. The collaborative sensing scheme requires less time slots for completing distributed sensing. Whereas the extra time slots are consumed by the selective sensing scheme to exchange soft sensing information. If the same total time duration is assigned to both schemes. The collaborative sensing scheme can choose to employ more time duration for sensing or more time for reporting sensing information to the PU. In a typical scenario, by increasing the number of bits for reporting sensing information, the collaborative sensing scheme can improve the detection probability from 0.56 to 0.7.
キーワード (和) Cognitive radio / distributed sensing / collaborative sensing / selective sensing / media access control (MAC) / / /  
(英) Cognitive radio / distributed sensing / collaborative sensing / selective sensing / media access control (MAC) / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 246, SR2009-55, pp. 27-31, 2009年10月.
資料番号 SR2009-55 
発行日 2009-10-15 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SR2009-55

研究会情報
研究会 SR AN USN  
開催期間 2009-10-22 - 2009-10-23 
開催地(和) 東北大学 
開催地(英) Tohoku Univ. 
テーマ(和) 無線分散ネットワーク,一般 
テーマ(英) Wireless distributed network, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2009-10-SR-AN-USN 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) On the Investigation of MAC Protocols for Distributed Sensing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Cognitive radio / Cognitive radio  
キーワード(2)(和/英) distributed sensing / distributed sensing  
キーワード(3)(和/英) collaborative sensing / collaborative sensing  
キーワード(4)(和/英) selective sensing / selective sensing  
キーワード(5)(和/英) media access control (MAC) / media access control (MAC)  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) Chen Sun / Chen Sun /
第1著者 所属(和/英) National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Yohannes D. Alemseged / Yohannes D. Alemseged /
第2著者 所属(和/英) National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) Ha Nguyen Tran / Ha Nguyen Tran /
第3著者 所属(和/英) National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) Hiroshi Harada / Hiroshi Harada /
第4著者 所属(和/英) National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-10-22 11:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2009-55 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.246 
ページ範囲 pp.27-31 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-SR-2009-10-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会