電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-10-22 11:30
無線マルチホップネットワークにおける受信機会制御を用いたアドミッション制御方式
高橋 淳小室信喜阪田史郎塩田茂雄千葉大)・村瀬 勉NECAN2009-26
抄録 (和) 無線マルチホップネットワークの課題の1 つにQoS 制御の実現がある.以前筆者らは,無線シングルホップネットワークにおいて,AP が非優先フローのMAC フレームを選択的に受信拒絶することでQoS 制御を実現するROC (Receiving Opportunity Control in MAC Frame) を提案した.本稿では,無線マルチホップネットワークにおいて,ROC を用いたアドミッション制御を行うことで,優先フローのQoS を保証する方式を提案する.提案方式は,輻輳時にエッジのAP が非優先フローに対してROC 制御を行い,非優先パケットの中継ノードへの流入を抑える.シミュレーション評価により,提案方式が従来方式と比較して優先フローのQoS 保証に対する効果が大きいことを示す. 
(英) QoS control is one of the most important issues of the wireless multi-hop networks. The authors previously proposed a per-flow QoS-control scheme for wireless single-hop LANs, ROC (Receiving Opportunity Control in MAC Frame), in which the access point (AP) intentionally don’t return ACKs for some of data frames. This paper proposes a scheme to guarantee QoS of high priority flow in wireless multi-hop networks by performing the admission control by using ROC. Edge APs perform ROC against low-priority flow according to the buffer utilization at network nodes, and the proposed scheme suppresses the inflow of the low-priority packets. Simulation evaluation results show that the proposed scheme guarantees QoS more effectively compared with conventional schemes.
キーワード (和) QoS / 無線LAN / IEEE 802.11 / アドミッション制御 / マルチホップネットワーク / / /  
(英) QoS / Wireless LAN / IEEE 802.11 / Admission Control / Multi-hop Network / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 247, AN2009-26, pp. 25-30, 2009年10月.
資料番号 AN2009-26 
発行日 2009-10-15 (AN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AN2009-26

研究会情報
研究会 SR AN USN  
開催期間 2009-10-22 - 2009-10-23 
開催地(和) 東北大学 
開催地(英) Tohoku Univ. 
テーマ(和) 無線分散ネットワーク,一般 
テーマ(英) Wireless distributed network, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AN 
会議コード 2009-10-SR-AN-USN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 無線マルチホップネットワークにおける受信機会制御を用いたアドミッション制御方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Admission Control Scheme using Receiving Opportunity Control for Wireless Multi-hop Network 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) QoS / QoS  
キーワード(2)(和/英) 無線LAN / Wireless LAN  
キーワード(3)(和/英) IEEE 802.11 / IEEE 802.11  
キーワード(4)(和/英) アドミッション制御 / Admission Control  
キーワード(5)(和/英) マルチホップネットワーク / Multi-hop Network  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 淳 / Atsushi Takahashi / タカハシ アツシ
第1著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小室 信喜 / Nobuyoshi Komuro / コムロ ノブヨシ
第2著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 阪田 史郎 / Shiro Sakata / サカタ シロウ
第3著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 塩田 茂雄 / Shigeo Shioda / シオダ シゲオ
第4著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 村瀬 勉 / Tutomu Murase / ムラセ ツトム
第5著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC Corp.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-10-22 11:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 AN 
資料番号 IEICE-AN2009-26 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.247 
ページ範囲 pp.25-30 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AN-2009-10-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会