電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-10-16 11:35
鉄道乗客向け無線通信システムにおける列車のすれ違いを考慮したアクセス制御方式
山本将啓山里敬也片山正昭名大RCS2009-125
抄録 (和) 線路に沿って配置したセルを用いた列車乗客向け無線通信システムを考える.ユーザである列車乗客は線路上に局在し,列車と共に移動する.列車がすれ違う地点のセル内では,ユーザ数が倍化しトラヒック集中によるドロッピング確率の増加といったサービス品質の劣化が発生する.そこで,列車運行の定時性によりユーザの位置予測が可能であることを利用し,列車がすれ違う地点のセルに向けて静的にチャネル制限をするアクセス制御手法と動的に制限をするアクセス制御手法を提案した.
その結果,提案したアクセス制御手法により,呼損率は増加するがドロッピング確率を低減できることを明らかにした.また,同一の呼損率で比較すると提案方式は,より小さなドロッピング確率を実現できることを示した. 
(英) This manuscript discusses on a wireless cellular communication system
for railroad passengers, in which base stations are placed along the
railroad. In this system, all users or passengers are on trains. Thus
there is high concentration in user distribution, and a group of the
users on a train move to the same direction with the same speed. In such
a system, when two opposite trains enter in the same cell before they
pass each other, the number of users in the cell abruptly increases, and
forced terminations of communication, i.e. call dropping, may occur due
to the concentration of traffic. This paper proposes access control
methods that mitigate the probability of the dropping, by limiting the
number of channels allowed to use on each train dynamically or
statically before the two trains enter the same cell. As a result, it is
shown that the probability of the forced termination of an existing call
can be decreased with the cost of increase in blocking probability. It
is also confirmed that the dynamic access control method can inhibit
increasing of the rejection of newly arrived calls compared to the
static access control method when the control duration is enough large.
In conclusion, the proposed methods provide lower dropping probability
than the conventional (no-control) system, under the same blocking
probability.
キーワード (和) 無線LAN / 列車内インターネット / セルラネットワーク / アクセス制御 / チャネル割当 / / /  
(英) Wireless LAN / Internet on Train / Cellular Network / Access Control / Channel Assignment / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 229, RCS2009-125, pp. 89-93, 2009年10月.
資料番号 RCS2009-125 
発行日 2009-10-08 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2009-125

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2009-10-15 - 2009-10-16 
開催地(和) ATR 
開催地(英) ATR 
テーマ(和) 高速パケット伝送信号処理・伝送技術,無線通信一般 
テーマ(英) Signal Processing and Transceiver Technologies on High-speed Wireless Packet Communication, Wireless Communication Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2009-10-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 鉄道乗客向け無線通信システムにおける列車のすれ違いを考慮したアクセス制御方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An access control scheme for passenger wireless communication systems considering the passing of an opposite train 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線LAN / Wireless LAN  
キーワード(2)(和/英) 列車内インターネット / Internet on Train  
キーワード(3)(和/英) セルラネットワーク / Cellular Network  
キーワード(4)(和/英) アクセス制御 / Access Control  
キーワード(5)(和/英) チャネル割当 / Channel Assignment  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 将啓 / Masahiro Yamamoto / ヤマモト マサヒロ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山里 敬也 / Takaya Yamazato / ヤマザト タカヤ
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 片山 正昭 / Masaaki Katayama / カタヤマ マサアキ
第3著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-10-16 11:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2009-125 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.229 
ページ範囲 pp.89-93 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-RCS-2009-10-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会