お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-10-16 10:45
Effect of Beacon Design to WPAN Throughput
Tuncer BaykasNICT)・Xueli AnDelft Univ.)・Chin-Sean SumJunyi WangMohammad Azizur RahmanZhou LanRyuhei FunadaHiroshi HaradaNICTRCS2009-123
抄録 (和) The importance of beacon design in WPANs lies in the competition for throughput between different piconets in the same area. Every Piconet Cooordinator (PNC) should protect the devices (DEVs) inside the piconet from outside interference. However increased protection results fewer possible piconets in an area and higher number of DEVs per piconet. In this work we will investigate the effect of the beacon range in terms of throughput using the example of 60 GHz WPANs. Based on our extensive simulation studies, we suggest using flexible beacon design according to the need of the system. 
(英) The importance of beacon design in WPANs lies in the competition for throughput between different piconets in the same area. Every Piconet Cooordinator (PNC) should protect the devices (DEVs) inside the piconet from outside interference. However increased protection results fewer possible piconets in an area and higher number of DEVs per piconet. In this work we will investigate the effect of the beacon range in terms of throughput using the example of 60 GHz WPANs. Based on our extensive simulation studies, we suggest using flexible beacon design according to the need of the system.
キーワード (和) Beacon / PNC / WPAN / Piconet / / / /  
(英) Beacon / PNC / WPAN / Piconet / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 229, RCS2009-123, pp. 77-81, 2009年10月.
資料番号 RCS2009-123 
発行日 2009-10-08 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2009-123

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2009-10-15 - 2009-10-16 
開催地(和) ATR 
開催地(英) ATR 
テーマ(和) 高速パケット伝送信号処理・伝送技術,無線通信一般 
テーマ(英) Signal Processing and Transceiver Technologies on High-speed Wireless Packet Communication, Wireless Communication Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2009-10-RCS 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Effect of Beacon Design to WPAN Throughput 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Beacon / Beacon  
キーワード(2)(和/英) PNC / PNC  
キーワード(3)(和/英) WPAN / WPAN  
キーワード(4)(和/英) Piconet / Piconet  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) Tuncer Baykas / Tuncer Baykas /
第1著者 所属(和/英) National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Xueli An / Xueli An /
第2著者 所属(和/英) Delft University of Technology (略称: Delft Univ.)
Delft University of Technology (略称: Delft Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) Chin-Sean Sum / Chin-Sean Sum /
第3著者 所属(和/英) National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) Junyi Wang / Junyi Wang /
第4著者 所属(和/英) National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) Mohammad Azizur Rahman / Mohammad Azizur Rahman /
第5著者 所属(和/英) National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) Zhou Lan / Zhou Lan /
第6著者 所属(和/英) National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) Ryuhei Funada / Ryuhei Funada /
第7著者 所属(和/英) National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) Hiroshi Harada / Hiroshi Harada /
第8著者 所属(和/英) National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-10-16 10:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2009-123 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.229 
ページ範囲 pp.77-81 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-RCS-2009-10-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会