お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-10-15 13:20
MIMO-OFDMA-CDM下りリンクにおけるproportional fairnessを考慮したリソース割り当て手法
不破康宏岡本英二岩波保則名工大RCS2009-114
抄録 (和) 本稿ではMIMO-OFDMA-CDM(multiple input multiple output – orthogonal frequency division multiple access – code division multiplexing)において周波数ダイバーシチ効果及びマルチユーザダイバーシチ効果を増大させるサブキャリア抽出型周波数拡散方式を提案する.提案手法では,サブキャリア単位で割り当てを行い,その後ユーザ毎に割り当てられたサブキャリアを分離,抽出し,各ユーザは割り当てられたすべてのサブキャリアを用いて拡散する.その操作により周波数ダイバーシチ効果が増大する.またサブキャリア単位での割り当てを施すためマルチユーザダイバーシチ効果も増大する.割り当て手法にはPF (proportional fairness)を考慮したリソース割り当てを用いる.計算機シミュレーションによって,PFを保ちながら,提案手法が既存手法のBER特性を上回っていることを示す. 
(英) In this paper, we propose a new resource allocation scheme that enhances a diversity effect with taking into account a proportional fairness (PF) in downlink MIMO-OFDMA-CDM (multiple input multiple output – orthogonal frequency division multiple access – code division multiplexing) systems. In the proposed scheme, spectral resources are allocated per subcarrier unit and full code-spreading is done for each user using all allocated subcarriers. This maximizes a frequency diversity effect and also enhances a multi-user diversity effect. Furthermore, the subcarrier allocation is based on the PF scheme which is not considered in conventional OFDMA-CDM schemes. The improved performances of BER and capacity are shown through computer simulations.
キーワード (和) MIMO / OFDMA-CDM / 公平性 / 周波数ダイバーシチ / マルチユーザダイバーシチ / / /  
(英) MIMO / OFDMA-CDM / proportional fairness / frequency diversity / multi-user diversity / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 229, RCS2009-114, pp. 25-30, 2009年10月.
資料番号 RCS2009-114 
発行日 2009-10-08 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2009-114

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2009-10-15 - 2009-10-16 
開催地(和) ATR 
開催地(英) ATR 
テーマ(和) 高速パケット伝送信号処理・伝送技術,無線通信一般 
テーマ(英) Signal Processing and Transceiver Technologies on High-speed Wireless Packet Communication, Wireless Communication Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2009-10-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) MIMO-OFDMA-CDM下りリンクにおけるproportional fairnessを考慮したリソース割り当て手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Resource Allocation Scheme with Considering Proportional Fairness in Multi-user Downlink MIMO-OFDMA-CDM Systems 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) MIMO / MIMO  
キーワード(2)(和/英) OFDMA-CDM / OFDMA-CDM  
キーワード(3)(和/英) 公平性 / proportional fairness  
キーワード(4)(和/英) 周波数ダイバーシチ / frequency diversity  
キーワード(5)(和/英) マルチユーザダイバーシチ / multi-user diversity  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 不破 康宏 / Yasuhiro Fuwa / フワ ヤスヒロ
第1著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: Nagoya Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡本 英二 / Eiji Okamoto / オカモト エイジ
第2著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: Nagoya Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩波 保則 / Yasunori Iwanami / イワナミ ヤスノリ
第3著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: Nagoya Inst. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-10-15 13:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2009-114 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.229 
ページ範囲 pp.25-30 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2009-10-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会