お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-10-15 15:45
[ポスター講演]IEEE 802.16マルチホップリレーネットワークにおけるタイムスロット割り当て手法の性能評価
石井倫太郎長谷川 剛谷口義明中野博隆阪大NS2009-88
抄録 (和) IEEE 802.16 マルチホップリレーネットワークは,時分割方式によるマルチホップ無線通信を用いるため,ゲートウェイノードからリレーノードまでパケットを伝送する際に,経路上の各ホップでタイムスロット割り当てによるスケジューリング待ち時間が蓄積され,伝送遅延時間が大きくなる可能性がある.そこで本報告では,リレーノードからゲートウェイノードまでのパケット伝送遅延時間を削減するタイムスロット割り当て手法を提案する.提案するタイムスロット割り当て手法は,過去に提案されている貪欲法を用いたタイムスロット割り当てを改良し,各リンクへのタイムスロットの割り当て順序を,ゲートウェイノードから各リレーノードまでの通信に用いるリンクの順序に並び変えることで,伝送遅延時間の低減を行う.シミュレーションと数値計算による性能評価により,提案手法を用いることでランダムにタイムスロットの割り当てを行う手法と比較して,高速に安定して伝送遅延時間が削減されることを示す. 
(英) In this report, we propose a scheduling algorithm of timeslots for
wireless links in IEEE802.16 multihop relay networks. The main
purpose is to reduce transmission delay between relay nodes and
gateway nodes as well as keeping total network throughput. The
proposed algorithm is based on the existing method which utilizes a
greedy algorithm but changes the order of timeslot assignment. It
also accommodates the weighted assignment of timeslots, which is out
of scope in the original method. The performance evaluation is
conducted through both of simulation and numerical calculation and
confirm that the proposed algorithm can provide smaller transmission
delay in shorter calculation time.
キーワード (和) IEEE 802.16j / リレーネットワーク / タイムスロット割り当て / 伝送遅延時間 / / / /  
(英) IEEE 802.16j / relay network / timeslot allocation / transmission delay / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 228, NS2009-88, pp. 65-70, 2009年10月.
資料番号 NS2009-88 
発行日 2009-10-08 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2009-88

研究会情報
研究会 NS  
開催期間 2009-10-15 - 2009-10-16 
開催地(和) 熊本県立大学 
開催地(英) Prefectural University of Kumamoto (Kumamoto) 
テーマ(和) ネットワークアーキテクチャ(オーバレイ、P2P、ユビキタスNW、スケールフリーNW、アクティブNW、NGN・新世代NW)、次世代パケットトランスポート(高速Ethernet、IPoverWDM、マルチサービスパケット技術、MPLS)、グリッド、一般 
テーマ(英) Network Architecture (Overlay, P2P, Ubiquitous Network, Active Network, NGN, New Generation Network), Grid 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2009-10-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) IEEE 802.16マルチホップリレーネットワークにおけるタイムスロット割り当て手法の性能評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance evaluation of time slot allocation algorithms in IEEE 802.16 multi-hop relay networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) IEEE 802.16j / IEEE 802.16j  
キーワード(2)(和/英) リレーネットワーク / relay network  
キーワード(3)(和/英) タイムスロット割り当て / timeslot allocation  
キーワード(4)(和/英) 伝送遅延時間 / transmission delay  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 石井 倫太郎 / Rintaro Ishii / イシイ リンタロウ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 剛 / Go Hasegawa / ハセガワ ゴウ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷口 義明 / Yoshiaki Taniguchi / タニグチ ヨシアキ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 中野 博隆 / Hirotaka Nakano / ナカノ ヒロタカ
第4著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-10-15 15:45:00 
発表時間 90 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2009-88 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.228 
ページ範囲 pp.65-70 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2009-10-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会