お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-10-09 10:35
eラーニングにおける学習者のモチベーション維持を目的とした学習状況提示機能の実装
納富一宏西村広光示野浩士神奈川工科大ET2009-32
抄録 (和) eラーニングにおける学習者のモチベーション維持は効果的な学習を継続する上で重要である.個人の学習履歴や学習進度などによるLMS(Learning Management System)的なフィードバックだけでは不十分である場合が多い.そこで,他のユーザの学習状況を効果的に提示する機能とその有効性について検討・考察する.また,神奈川工科大学では,情報学部および情報教育研究センターを中心に,資格試験対策用WBT(Web Based Training)システム「KView」,および授業支援用CMS(Course Management System)「KBook」の開発・運用を継続的に行っている.本学で独自に開発・運用している授業支援システムへの具体的な実装方法ついて述べる. 
(英) In this article, we describe an implementation of function for disclosing learning-logs for keeping learners’ motivation levels up. In any time, it is important to keep the learners’ motivation levels up on every e-learning system. We are developing 2 e-learning systems, WBT (Web Based Training) system “KView” and CMS (Course Management System) “KBook”. These systems are used generally in our faculty, which are simple e-learning system based on traditional Web technology that is known as CGI (Common Gateway Interface). But it is assured to be high performance, because of implemented by native code in C++ for Linux OS. Since we experimented to evaluate the function of disclosing learning-logs to other learners, we also describe future issues of our 2 e-learning systems to enhance operational usage.
キーワード (和) eラーニング / CMS / WBT / 学習ログ / モチベーション / / /  
(英) e-Learning / Course Management System / Web Based Training / learning-logs / motivation / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 225, ET2009-32, pp. 1-6, 2009年10月.
資料番号 ET2009-32 
発行日 2009-10-02 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ET2009-32

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2009-10-09 - 2009-10-09 
開催地(和) 函館高専 
開催地(英) Hakodate National College of Technology 
テーマ(和) 協調学習・CSCL/一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2009-10-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) eラーニングにおける学習者のモチベーション維持を目的とした学習状況提示機能の実装 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Implementation of an e-Learning function for disclosing learning-logs for keeping learners' motivation levels up 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) eラーニング / e-Learning  
キーワード(2)(和/英) CMS / Course Management System  
キーワード(3)(和/英) WBT / Web Based Training  
キーワード(4)(和/英) 学習ログ / learning-logs  
キーワード(5)(和/英) モチベーション / motivation  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 納富 一宏 / Kazuhiro Notomi / ノウトミ カズヒロ
第1著者 所属(和/英) 神奈川工科大学 (略称: 神奈川工科大)
Kanagawa Institute of Technology (略称: Kanagawa Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 西村 広光 / Hiromitsu Nishimura / ニシムラ ヒロミツ
第2著者 所属(和/英) 神奈川工科大学 (略称: 神奈川工科大)
Kanagawa Institute of Technology (略称: Kanagawa Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 示野 浩士 / Hiroshi Shimeno / シメノ ヒロシ
第3著者 所属(和/英) 神奈川工科大学 (略称: 神奈川工科大)
Kanagawa Institute of Technology (略称: Kanagawa Inst. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-10-09 10:35:00 
発表時間 30 
申込先研究会 ET 
資料番号 IEICE-ET2009-32 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.225 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ET-2009-10-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会