電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-10-08 11:00
高臨場感対面コミュニケーションシステム:Tele-Face
能登 肇石井 亮高田英明伊達宗和NTT)・大谷佳光NTT-AT
技報オンラインサービス実施中(通ソ/ISS/ESS/エレソのみ)
抄録 (和) 高臨場感対面コミュニケーションシステム“Tele-Face”の設計と,プロトタイプ実装について報告する.実際の対面コミュニケーションでは,言語・非言語情報が利用される.本研究では,この情報を人が学習なく利用するために“視線一致する等身大映像”“対話者の口元から聞こえる音像定位”“机上共有による対話者との距離表現”を実現し,対面環境を再現した.また本システムを展示会にて公開し,来場者に体験して貰った.その際に得た印象や指摘についてもまとめる. 
(英) We describe the design and prototype implementation of a highly realistic face-to-face telecommunication system called “Tele-Face”, which enables both verbal and nonverbal communication. This system has three functions for natural communication. First, it transmits real-size video images of the person, thus enabling users to make eye contact with each other. Second, the sound system recreates natural sound as if the person were actually in front of the listener. Third, the physical distance between users is represented by projecting the other side of the desktop between the users in actual size. A Tele-Face prototype has been demonstrated at an exhibition, and generally positive results were obtained.
キーワード (和) 対面 / 高臨場感 / 遠隔コミュニケーション / / / / /  
(英) face-to-face / highly realistic sensation / telecommunication / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 215, MVE2009-37, pp. 17-22, 2009年10月.
資料番号 MVE2009-37 
発行日 2009-10-01 (MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MVE  
開催期間 2009-10-08 - 2009-10-09 
開催地(和) オホーツク・文化交流センター(エコセンター2000,網走市) 
開催地(英) Eco Center 2000 
テーマ(和) 複合現実感,仮想都市,および一般(VR学会SIG-MR, SIG-CSと共催) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MVE 
会議コード 2009-10-MVE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 高臨場感対面コミュニケーションシステム:Tele-Face 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Highly Realistic Face-to-Face Telecommunication System:Tele-Face 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 対面 / face-to-face  
キーワード(2)(和/英) 高臨場感 / highly realistic sensation  
キーワード(3)(和/英) 遠隔コミュニケーション / telecommunication  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 能登 肇 / Hajime Noto / ノト ハジメ
第1著者 所属(和/英) NTTサイバースペース研究所 (略称: NTT)
NTT Cyber Space Laboratories (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 石井 亮 / Ryo Ishii / イシイ リョウ
第2著者 所属(和/英) NTTサイバースペース研究所 (略称: NTT)
NTT Cyber Space Laboratories (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 高田 英明 / Hideaki Takada / タカダ ヒデアキ
第3著者 所属(和/英) NTTサイバースペース研究所 (略称: NTT)
NTT Cyber Space Laboratories (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊達 宗和 / Munekazu Date / ダテ ムネカズ
第4著者 所属(和/英) NTTサイバースペース研究所 (略称: NTT)
NTT Cyber Space Laboratories (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 大谷 佳光 / Yoshimitsu Ohtani /
第5著者 所属(和/英) NTTアドバンステクノロジ (略称: NTT-AT)
NTT Advanced Technology Corporation (略称: NTT-AT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-10-08 11:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MVE 
資料番号 IEICE-MVE2009-37 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.215 
ページ範囲 pp.17-22 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MVE-2009-10-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会