電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-10-08 13:45
ISDB-T車載ダイバーシチアンテナの設置位置に関する実験的検討
里吉一浩藤井亮三桑原義彦静岡大)・田内正治インターエナジー)・今村 豊山口真功原田工業
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 地上デジタル放送波を効率的に受信するために,フェージング環境下での車載用UHF アンテナの最適な配置の推定,評価を行ったので報告する.アンテナは水平面及び垂直面2 素子のフィルムアンテナで,実験の再現性をよくするため,フェージングシミュレータの8 素子八木アンテナによる送電を採用した.中電界地域での地上デジタル放送波の到来方向を考慮し,各素子で受信したフェージングパターンの受信レベルを累積確率分布(CDF)及び空間相関を計算する.これらの値を比較した結果として,フロントガラス上部の水平及び垂直姿勢のアンテナを使うことが望まれる. 
(英) In this report,experimental investigation for installation of vehicular ISDB-T diversity antenna are presented.
The antenna aperture is 2-elements of linear polarized film antenna for ISDB-T. For the experiments the fading simulator
using 8-elements Yagi-antenna has been used. Considering DOA (Direction of Arrival) of ISDB-T in the middle-level-area,
we calculate CDF(Cumulative Distribution Function) and Spatial Correlation from signals received by each antenna in the
fading environments. Two proper positions are upper right and upper left of windshield for each horizontal and vertical
polarization
キーワード (和) フェージング / UHF アンテナ / フィルムアンテナ / 到来方向 / 累積確率分布(CDF) / 空間相関 / /  
(英) fading / UHF antenna / film antenna / DOA / Cumulative Distribution Function / spatial correlation / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 218, AP2009-112, pp. 55-60, 2009年10月.
資料番号 AP2009-112 
発行日 2009-10-01 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2009-10-08 - 2009-10-08 
開催地(和) 静岡大 
開催地(英) Shizuoka University 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) AP 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2009-10-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ISDB-T車載ダイバーシチアンテナの設置位置に関する実験的検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Experimental Investigation for Installation iof Vehicular ISDB-T Diversity Antenna 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) フェージング / fading  
キーワード(2)(和/英) UHF アンテナ / UHF antenna  
キーワード(3)(和/英) フィルムアンテナ / film antenna  
キーワード(4)(和/英) 到来方向 / DOA  
キーワード(5)(和/英) 累積確率分布(CDF) / Cumulative Distribution Function  
キーワード(6)(和/英) 空間相関 / spatial correlation  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 里吉 一浩 / Kazuhiro Satoyoshi / サトヨシ カズヒロ
第1著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤井 亮三 / Ryozo Fujii / フジイ リョウゾウ
第2著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 桑原 義彦 / Yoshihiko Kuwahara / クワハラ ヨシヒコ
第3著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 田内 正治 / Masaharu Tanai / タナイ マサハル
第4著者 所属(和/英) 株式会社インターエナジー (略称: インターエナジー)
Interenergy Co. Ltd. (略称: Interenergy)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 今村 豊 / Yutaka Imamura / イマムラ ユタカ
第5著者 所属(和/英) 原田工業株式会社 (略称: 原田工業)
Harada Industry Co. Ltd. (略称: Harada Industry)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 真功 / Makoto Yamaguchi / ヤマグチ マコウ
第6著者 所属(和/英) 原田工業株式会社 (略称: 原田工業)
Harada Industry Co. Ltd. (略称: Harada Industry)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-10-08 13:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2009-112 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.218 
ページ範囲 pp.55-60 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2009-10-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会