電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-10-08 15:35
障害物の位置推定誤差低減のための送信機の一検討
水谷友治羽多野裕之桑原義彦静岡大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近距離広範囲に存在する障害物を検出するためのシステムを考えている.
特に, 送信機と複数の受信機とをネットワーク化したレーダネットワークでの実現を考えている.
本システムでは分散設置した受信機から各障害物までの測距値リストが得られる.
これらから複数の障害物の位置を推定する.
従来,受信機を直線状に配置した場合,配置方向と同方向の位置推定誤差が大きく発生していた.
本稿では,送信機をアレイ化し,その指向性情報を利用した位置推定アルゴリズムを検討し,計算機シミュレーションで評価をした. 
(英) We consider the radar network to estimate the targets that exist in near wide area.
In the past, if receivers were arranged on a straight, the position estimation error in the same direction of the line occurred.
In this report, we show a novel algorithm which can reduce the error.
Our system uses directional emission made by an array of antennas in a transmitter.
The directional information is used in order to estimate target positions. We will also show the performance of our system by computer simulations.
キーワード (和) 障害物検出 / レーダネットワーク / 位置推定 / アレイアンテナ / / / /  
(英) target detection / radar network / positions estimation / array antenna / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 218, AP2009-116, pp. 79-84, 2009年10月.
資料番号 AP2009-116 
発行日 2009-10-01 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2009-10-08 - 2009-10-08 
開催地(和) 静岡大 
開催地(英) Shizuoka University 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) AP 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2009-10-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 障害物の位置推定誤差低減のための送信機の一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on a transmitter for reduction of errors on target positions estimation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 障害物検出 / target detection  
キーワード(2)(和/英) レーダネットワーク / radar network  
キーワード(3)(和/英) 位置推定 / positions estimation  
キーワード(4)(和/英) アレイアンテナ / array antenna  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 水谷 友治 / Tomoharu Mizutani / ミズタニ トモハル
第1著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 羽多野 裕之 / Hiroyuki Hatano / ハタノ ヒロユキ
第2著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 桑原 義彦 / Yoshihiko Kuwahara / クワハラ ヨシヒコ
第3著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-10-08 15:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2009-116 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.218 
ページ範囲 pp.79-84 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2009-10-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会