電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-10-08 09:25
メアンダ形状を適用した5GHz帯バラン一体型3スタックドメアンダラインアンテナの交差偏波特性
吉田賢史小熊 博亀田 卓高木 直坪内和夫東北大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 5GHz帯バラン一体型 平衡型 小形・平面アンテナの実現を目標に,アンテナ部分,バラン部分ともにメアンダ形状を適用したバラン一体型3スタックドメアンダラインアンテナを設計した.アンテナ長およびバラン幅をパラメータとして最適
化を行った結果,反射が-10dB以下の比帯域は3.9%,基板正面方向の最大動作利得は5.4 GHzにおいて-0.6dBiであった.さらに試作・評価を行い,測定の結果,反射が-10dB以下の比帯域は2.4%,基板正面方向の最大動作利得は5.0GHzにおいて-1.5dBiであった.主偏波が最大となる周波数において,主偏波に対して交差偏波は30dB以上抑圧可能であり,低交差偏波特性であることを確認した.また実測結果とシミュレーション結果の誤差の要因として,基板誘電率誤差および試作時のエッチング誤差について検討を行った.基板誘電率誤差および試作時のエッチング誤差をともに考慮しシミュレーションを行い,実測結果と良好に一致することからシミュレーションの妥当性を確認した.以上,多層基板構造を用いて容易に実現可能,また低交差偏波特性を実現可能な5 GHz 帯バラン一体型 平衡型 小形・平面アンテナを提案した. 
(英) We optimized and implemented a 5GHz band balun-integrated 3-stacked meander line antenna. As a result, relative bandwidth of 2.4% and actual gain of -1.5 dBi@ 5.0 GHz was measured. Cross polarization gain of
more than 30 dB could be suppressed compared to co-polarization in the desired band. We discussed about etching error and permittivity error. Using measured real size and permittivity, we reanalyzed the antenna. Simulated results by reanalyzed model had good agreement with measured results. The designed 3-stacked meander line antenna has enough potential being used as a low cross polarization balun-integrated electrical-small balanced antenna.
キーワード (和) バラン / 多層基板 / 平衡アンテナ / メアンダライン / 5GHz / / /  
(英) balun / multilayered substrate / balanced antenna / meander line / 5GHz / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 218, AP2009-104, pp. 7-12, 2009年10月.
資料番号 AP2009-104 
発行日 2009-10-01 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2009-10-08 - 2009-10-08 
開催地(和) 静岡大 
開催地(英) Shizuoka University 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) AP 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2009-10-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) メアンダ形状を適用した5GHz帯バラン一体型3スタックドメアンダラインアンテナの交差偏波特性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Cross Polarization Characteristics of 5GHz Band Balun Integrated 3-Stacked Meander Line Antenna Using Meander-Line Shape Balun 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) バラン / balun  
キーワード(2)(和/英) 多層基板 / multilayered substrate  
キーワード(3)(和/英) 平衡アンテナ / balanced antenna  
キーワード(4)(和/英) メアンダライン / meander line  
キーワード(5)(和/英) 5GHz / 5GHz  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 賢史 / Satoshi Yoshida / ヨシダ サトシ
第1著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小熊 博 / Hiroshi Oguma / オグマ ヒロシ
第2著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 亀田 卓 / Suguru Kameda / カメダ スグル
第3著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 高木 直 / Tadashi Takagi / タカギ タダシ
第4著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 坪内 和夫 / Kazuo Tsubouchi / ツボウチ カズオ
第5著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-10-08 09:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2009-104 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.218 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2009-10-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会